フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

盛岡市消防演習

Shoboensyu  4月29日、盛岡市消防演習が行われました。
 演習には、盛岡市消防団から900名、消防職員100名が参加しました。
 第1会場は、下小路中学校グランドで、早朝8時から、観閲、部隊訓練、ポンプ操法訓練、まとい振り訓練などが行われました。
 この日の朝6時ころ、盛岡市乙部で民家が全焼する火災が発生し、演習のために朝6時から集まってリハーサルを行っていた消防関係者も出動するという緊迫する中での演習だったということです。

 第2会場は中津川の河原に移り、レスキュー隊の訓練や、はしご乗り、放水訓練が多くの市民が見守る中、行われました。Hasigonori2

 ここ数年は、第一会場だけで失礼していましたが、今年の第2会場で行われるはしご乗りには、同じ町内の25歳の若者が出演すると、前日の新聞に報じられていたこともあり、第2会場までしっかり拝見させていただきました。

 盛岡市のはしご乗りは加賀藩から伝えられたものということです。川を挟んでの観覧でしたので、目当ての乗り手がどこにいるか確認はできませんでしたが、それぞれ見事なものでした。

(写真をクリックすると大きくなります)

 
 
 

75歳以上の方にも「人間ドック」補助を 「後期高齢者医療制度」で緊急申し入れ

Mousiire_2 後期高齢者医療制度によって、75歳以上の方が「人間ドック」の補助が受けられなくなりました。
 これまで国民健康保険に加入していた方が「後期高齢者医療保険」に移行させられたため国保の人間ドック補助の対象でなくなったためです。
 共産党盛岡市議団は4月25日、谷藤市長に対して緊急に申し入れを行い、後期高齢者医療制度そのものの廃止を求めるとともに、市として「国保人間ドック補助の対象から外される高齢者に対する緊急対策を行い、75歳以上の方も受けられようにすること」を求めました。
 申し入れでは、あわせて、特定検診受診料の無料化」「資格証明証の発行は行わないこと」なども求めました。
 谷藤市長は、「制度が始まったばかりだが、いうべきことは市長会などを通じて意見を上げたい」「市の対策についてはどの程度の費用がかかるのか、その場合の国からのペナルテイなどがないのか、など検討が必要」などと答えました。
 申し入れの全文などは共産党盛岡市議団のホームページをご覧ください

2008年4月 7日 (月)

マスカーニの「間奏曲」

 先月久々に、湯沢団地でオカリナを演奏させていただいたら無性に吹きたくなり、かねてから「いつかは」と思っていた、マスカーニ作曲の 間奏曲 (歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より) に挑戦してみました。楽譜はピアノ伴奏つき、オカリナ5重奏(SC,AF,AC,TF,BC)ですが、オカリナだけの4重奏(BC 抜き)です。
 外れた音があったり、テンポが間延びしたり、満足のいくものではなくお恥ずかしいのですが・・・

「kansoukyoku3.MP3」をダウンロード
マスカーニの「間奏曲」
聞き方・・・一度プレーヤー部分をクリックし、その後スタートボタン三角形)をクリックしてください。

新学期 3題 ③見前小学校入学式

Dsc04606  4月7日、見前小学校の入学式。90人の「ぴっかぴか」の一年生が誕生しました。
 
 今年の一年生は、昨年よりは少なかったものの、今年の卒業生70人を上回る児童数で、小学校全体では580人を超える児童数になるとのことでした。

 また、「もう一人」児童数が増えれば、「健やかサポート」の先生をもう一人配置することが出来たということでした。担任の先生から一人一人名まえを呼ばれて元気に返事をしていました。
 「式」が終わって、2年生のお兄さんやお姉さんが歓迎のアトラクション。新入生は食い入るように見つめていました。
 かわいい笑顔、澄んだ瞳のこの子どもたちが、そのまま育ってほしいものだと願わずにはいられませんでした。

 

新学期 3題 ②津志田保育園開園式

Dsc04595  4月5日には、公立保育園から民営化された津志田保育園の開園式があり出席しました。
津志田保育園は、都南村立保育園として出発し、合併によって盛岡市立保育園として昨年度まで運営されてきましたが、「保育園民営化」を進める盛岡市の民営化第一号として、社会福祉法人福振会が運営することになりました。福振会は、これまで川目保育園を運営してきており、今回の移管に当たってこれまで川目保育園の園長をしてきた、佐藤利美氏が新しい園長に就任しました。(写真はあいさつする佐藤園長)
 
 私は、保育園の「全園民営化」という盛岡市の方針には反対であり、その方針は見直すべきであると今でも考えています。それは、盛岡市が保育園の運営の現場から手を引き、すべてを民間に任せることに反対だからです。「民営化」の最大の理由が「経費の削減」にあり、子育てにはなじまないと考えるものです。現に、盛岡市の保育士の状況は、08年3月時点で正職員対非正職員の割合は55:45にまでなっており、児童施設の最低基準から見ても6人の保育士が不足しているのです。3月議会でも「官製ワーキングプアを作ってはならない」と保育園の民営化を見直すよう主張したところです。

 佐藤園長は、挨拶で、「子ども第一主義で保育に当たる」と話されました。民営化に対する賛否は別として、子どもたち、保護者にとって安心して通える保育園としてがんばってほしいものだと思いました。

 

新学期 3題 ①見前中学校入学式

Dsc04592 4月は新年度のスタートの月。4月1日に盛岡市が中核市となり、盛岡保健所がスタート。子どもたちも新しいスタートを切りました。

 4月4日には、見前中学校で新入生が新しいスタートを切りました。新入生は154人。39人が3学級、37人が1学級という学級編成となりました。37人~39人という学級編成はいささか窮屈な感じがしました。これが、「35人学級」であれば、30人から31人の編成となる計算になります。岩手県は、一昨年から、小学校1年生に「35人学級」を導入し、昨年は2年生まで拡大しましたが、今年度はストップ。新3年生は「40人学級」で学級編成となったのです。理由は「少人数学級」か「少人数指導」検討し結論をだしてから、ということ。東北の各県に遅れて始まった「少人数学級」を中断したことに残念な思いをしましたが、ぜひ、中学校にもこれを拡大してほしいものだと感じました。
入学式では、歓迎の挨拶で先輩から「見前中学校の5大文化~(挨拶)(清掃)(合唱)(応援)(ソーラン)」をいっしょに作り上げようと激励があり、新入生代表がそれに答える決意を表明しました。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »