フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 9月議会報告 ③ 後期高齢者医療制度は廃止以外にない。市が保険料の手直しで「自民・公明」の実績宣伝はとんでもない | トップページ | 9月議会報告 ⑤ 原油高騰のなか、くらし、農業や中小企業の営業を守る対策を »

2008年9月18日 (木)

9月議会報告④ 三本柳浸水対策~鴨助堰にポンプ設置の方針示す

庄子議員は昨年の浸水被害以来検討されていた、三本柳地区の対策について質問しました。下水道部長は、「浸水被害軽減対策として、鴨助堰に暫定ポンプ施設の整備を優先的に進める」「一秒当たり1トン(毎分30t)の能力のポンプとし、今年度中に発注し、来年度完成を目指したい」と答えました。

鴨助堰流域の最下流地帯は、放流先の北上川の水位が上がると、放出できなくなり浸水被害が発生し、昨年の9月17~18日の秋雨前線の停滞による大雨の際、三本柳地区に浸水被害が発生し、ボムボートでの避難状況が全国ニュースで流れるような被害が発生しました。従来の排水計画で住民に示されていた「ポンプ場の設置」は、市では、先送りされていました。昨年の浸水被害発生以来、その対策の必要性を議会でも繰り返し主張し、地元町内会・自治会でも市と懇談、要請する中、市では「減災対策」として、「ゲートポンプ」を設置することで県とも協議し、国の補助事業として取り組むことになったものです。
長年待望していた、鴨助堰のポンプ施設の設置に向けて大きく前進しました。

« 9月議会報告 ③ 後期高齢者医療制度は廃止以外にない。市が保険料の手直しで「自民・公明」の実績宣伝はとんでもない | トップページ | 9月議会報告 ⑤ 原油高騰のなか、くらし、農業や中小企業の営業を守る対策を »

議会の報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 9月議会報告 ③ 後期高齢者医療制度は廃止以外にない。市が保険料の手直しで「自民・公明」の実績宣伝はとんでもない | トップページ | 9月議会報告 ⑤ 原油高騰のなか、くらし、農業や中小企業の営業を守る対策を »