フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 盛岡市にもあった「不正経理」①~4部局で3,050万円 | トップページ | 盛岡にもあった不正経理③~市議会全員協議会で説明 »

2008年10月29日 (水)

盛岡市にもあった不正経理②~1994年(平成6年)の教訓はどうしたのか

 盛岡でもあった「不正経理」・・・このことを初めて知ったのは10月24日、盛岡紫波地区環境施設組合の研修視察の帰りのバスの中で、市議会事務局から「30日に全員協議会招集」の連絡をもらった時だ。
 その時、私の頭をよぎったのは、1994年(平成6年)にあった盛岡市における「不正な経理」の顛末である。そして、バスから降りて真っ先に連絡を取って向かったのは盛岡市農業委員会事務局にであった。そして「複数の部局で不正経理があったということだが、農業委員会事務局にはなかっただろうな」ということを確認したのである。(幸い、農業委員会事務局にはなかったということであった)

 すでに、マスコミ紙上で「平成6年度に農業委員会で・・・」と報じられ市当局者も「平成6年の教訓が生かされなかったか・・・」などと発言しているということであるが、そのことを声を大にして言わなければならないのは、この私なのだ。

 1994年(平成6年)に何があったか。当時の事情を、かかわった者として明らかにしておかなければならない。その経過とは次のようなものだ。

 1994年9月、盛岡市農業委員会がパソコン(本体、モニター、プリンタ)を約70万円で購入した。予算に計上されておらず、当時パソコン購入の際に行われるべき電算室との協議も行われていなかったことから、事務局長に事情を尋ねたところ「公費ではなく、委員が積み立てていた『お茶代』で買った」という説明であり、納得できなかった私は、当時の桑島助役に「調査依頼」を文書で行った。(10月19日付)

 その後助役からは、パソコンの購入は「委員のお茶代」からではなく、平成3~5年の農業委員会事務局費の需用費などの「カラ支出」を行い、その裏金を積み立てていた中から購入したこと。こうした経理は正しくない経理であり、パソコンは返却したこと。行政委員会の事務局ではあるが、人事管理や経理などは長部局の責任でもあることから関係職員に対して処分を行う予定であること。などの報告が11月28日にあった。

 私は、その報告を受けて11月30日、改めて農業委員会長(当時熊谷祐三氏)あてに「農業委員会の綱紀粛正について」の申し入れを行い、不正経理の全容を明らかにすること、農業委員会総会に報告し、綱紀粛正へしかるべき対応を行うこと、などを文書で申し入れた。
 農業委員会会長からは文書で回答があり、①不正経理は始まりは定かではないが、平成2年度末には約29万5千円の、いわるゆ「預け金」があったこと。その後の各年度の出し入れの額、年度末の預け金の額が記され、平成5年度末には約73万3千円になっており、パソコンの購入はそこから支出されたこと ②緊急農業委員会運営委員会を開催し、事務局長から報告させ、市長部局の指導を得て処分を行うこと などが示された。

 あけて2005年(平成7年)3月議会の本会議、総括質疑で、私の質問に答えて桑島助役(当時)は次のように答弁している。 

「チェック体制につきましては、二度とこのようなことがないようにということで庁議でも決定を図りましたし、それからそれなりに厳しい処分もいたしましたし、あるいはその所管する事務局では十分職員にお話をしてお互いに戒め合うようにということを指示しております」

 はたして、今回明らかになった「不正経理」は、いつまでさかのぼるのか。19994年(平成6年)までさかのぼるのか、だとするならば「庁議決定」が無視されたのか、それとも、いったんはなくいなったが、また復活したのか・・・・大きな関心事である。

« 盛岡市にもあった「不正経理」①~4部局で3,050万円 | トップページ | 盛岡にもあった不正経理③~市議会全員協議会で説明 »

市議会議員として」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 盛岡市にもあった「不正経理」①~4部局で3,050万円 | トップページ | 盛岡にもあった不正経理③~市議会全員協議会で説明 »