フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 盛岡市の不正経理・・・金額がさらに拡大 8155万円に(11月27日現在) | トップページ | 12月市議会で一般質問 ① 市長の政治姿勢を問う~田母神問題、公金の不正経理 »

2008年12月 2日 (火)

憲法9条を守る岩手の会が学習交流会 「活憲の時代~憲法を活かす世界の人々」 伊藤千尋さんが記念講演

Dsc02263  11月29日、盛岡市のサンビル7階ホールで、憲法9条を守る岩手の会の「第2回学習交流会」が開かれ、朝日新聞の記者でジャーナリストの伊藤千尋さんが、世界中を取材した経験をもとに「活憲の時代~憲法を活かす世界の人々」と題して講演しました。 (写真は、講演する伊藤千尋氏)

憲法9条は世界のものに

 伊藤さんは、アフリカのカナリア諸島に、白いタイルに青い文字でスペイン語で日本国憲法9条が書かれた記念碑があり、そのおかれている広場の名前が「ヒロシマ・ナガサキ広場」と名付けられていることを紹介しました。10数年前に市民の平和を考えるための広場を作ろうとした市長が、「平和を考える原点はヒロシマ・ナガサキだ」と「ヒロシマ・ナガサキ広場」と名付け、これからの平和を考える原点は「日本国憲法9条」だと議会に提案して与野党一致で決まったことを紹介。
 日本国憲法9条について世界で感じることと日本国内で感じるものでは肌合いが違う、憲法9条は平和を思う世界のものになっている。その時に「もう憲法9条はいらない」ということになったら世界から笑われる、と述べました。

憲法は活用するもの

 また、憲法は活用するものだということについて、アメリカの女性下院議員バーバラ・リーさんのことについて紹介。9・11のテロ以降アメリカ社会が変わり町中に星条旗がかけられるようななか、市民の電話を盗聴する法律があっという間に成立するというなか、大統領に戦争開始の権限を一任する法案に、たった1人反対したのがバーバラ・リーさんでした。彼女はそのことで国じゅうからバッシングを受けながら「アメリカ憲法を読み直し、ベトナム戦争を止められなかった経験から、いつも正しいとは限らない大統領にたいして議会の役割はないかを考え反対した」と堂々と市民に説明し、当初は立候補すらできないのではないかと考えられていた次期選挙で、85%の得票で再選を果たした例を紹介しました。

 ベネズエラでは、露店で憲法が売られ、若い母親が「これを読まなければ役所と交渉ができない」と購入していた例なども紹介。

 また、「もう一つの平和憲法」を持つコスタリカで、武器を捨て国家財政の30%を軍事費から教育費に変えたことや、その国で八百屋さん、女子高校生がその憲法に誇りを持っていることなどを紹介し、「どちらが目指すべき方向か」と問いかけました。
 
  また、小学生が「遊んでいる中でけがをした。安全対策が不十分で、国は僕のことを愛していない」と違憲訴訟を起こし勝訴した例を紹介しました。

 伊藤さんは「憲法を守るのは国であり、国民は憲法を使い、生かすことだ。コスタリカにその見本がある」と述べ、日本国憲法を守るだけでなく、それを活かす運動の大切さを説きました。

« 盛岡市の不正経理・・・金額がさらに拡大 8155万円に(11月27日現在) | トップページ | 12月市議会で一般質問 ① 市長の政治姿勢を問う~田母神問題、公金の不正経理 »

駆けある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 盛岡市の不正経理・・・金額がさらに拡大 8155万円に(11月27日現在) | トップページ | 12月市議会で一般質問 ① 市長の政治姿勢を問う~田母神問題、公金の不正経理 »