フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 早春賦 | トップページ | 3月議会 予算等の審議を振り返って③~使い勝手が悪すぎる国の雇用対策 »

2009年3月23日 (月)

3月議会 予算等の審議を振り返って② ~中学校1年生に35人学級、75歳以上を対象とした人間ドックなど、提案実る

 3月議会では、日本共産党盛岡市議団が提案していたいくつかの課題が実を結びました。

●中学校1年生を対象にした「35人学級」について、盛岡市では3つの中学校で「試行」されます。盛岡市には、対象となる中学校は13校あります。県教委が教員を増やさない中での「試行」となったため、3校にとどまりましたが、一歩前進と言えるでしょう。
試行となる中学校は、見前中学校、下小路中学校、米内中学校です。

●75才以上の高齢者に対する「人間ドック」補助が4月から始まります
  昨年4月からの「後期高齢者医療制度」によって、75歳以上の方が国保から追い出され、国保の人間ドック事業が受けられなくなり、党市議団が実施を強く求めていました。
 実施期間は 4月1日から3月31日まで、補助内容は、男性2万円、女性で子宮がん検診、乳がん検診受ける場合2万4千円ということです。

●国保税は、「基金活用し引き上げをしない」、資格証明書発行基準の見直しも
 国保税については、財政が厳しいおり、基金を活用して引き上げを行わず据え置きました。また、「資格証明書」の発行について、担当次長(国保年金課長)は、低所得者への発行の基準の見直しについて「しかるべく検討したい」と答えました。

« 早春賦 | トップページ | 3月議会 予算等の審議を振り返って③~使い勝手が悪すぎる国の雇用対策 »

議会の報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 早春賦 | トップページ | 3月議会 予算等の審議を振り返って③~使い勝手が悪すぎる国の雇用対策 »