フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 国からの財源は有効に活用して市民生活応援を~盛岡市3月補正予算 | トップページ | アメリカのイラク侵略戦争開始6年~最新映像でその犯罪性を告発・・・平和のつどいで西谷文和さん »

2009年3月15日 (日)

いよいよ鴨助堰へのゲートポンプ設置へ~地元で説明会

 Dsc062351 3月13日夜三本柳南町内会明戸公民館で、鴨助堰へのゲートポンプ設置工事に関する説明会が開催されました。
 一昨年9月に発生した大雨被害で、床上浸水・床下浸水被害のほか農地・道路などの冠水被害が発生しましたが、北上川の水位が上昇することによって、鴨助堰の雨水排水が出来ず「内水の氾濫」が原因でした。
 対策として、かねてからの計画である、ポンプ排水設備設置が大きな課題でしたが、このたび、ゲゲートポンプを設置して、被害減災を図ることとしたものです。これは排水路施設内に設置し、外水の水位が上昇したときにゲートを閉じ、ゲイトに設置したポンプで強制排出する仕掛けとなるものです。
 能力は、一分間に30t/分の能力を持つポンプ2基、合計60t/分の施設で、シュミレーションの結果では、減災の効果はかなり大きく見込めるということです。
 説明会では、この計画にいたった経過や今後のスケジュールが説明され、参加者から、能力は増強できないか、工事に伴う耕作への影響などの質問が出され市から詳しく説明がありました。

 今後のスケジュールとしては、3月中に入札、契約を行い、システム設計、工場でのポンプ製作を経て、秋口からげんばでの設置工事を経て、年度内(22年3月)までに完成、4月から稼動する計画ということです。
 
 また、最大限の性能を発揮させるためには一年間位の調整運転が必要とのことです。

« 国からの財源は有効に活用して市民生活応援を~盛岡市3月補正予算 | トップページ | アメリカのイラク侵略戦争開始6年~最新映像でその犯罪性を告発・・・平和のつどいで西谷文和さん »

地域の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ鴨助堰へのゲートポンプ設置へ~地元で説明会:

« 国からの財源は有効に活用して市民生活応援を~盛岡市3月補正予算 | トップページ | アメリカのイラク侵略戦争開始6年~最新映像でその犯罪性を告発・・・平和のつどいで西谷文和さん »