フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 桜からリンゴの花へ・・・盛岡は春真っ盛り | トップページ | 見前地区公民館では陶芸用窯がアウト »

2009年5月12日 (火)

夏休みにプールが使えない?~見前小受水槽が水漏れ・・・・早急な修繕を申し入れ

Mirusyojusuiso  5月12日朝、見前小学校を訪問し、水漏れが起きている受水槽を見せていただき、校長先生から経過をお聞きしました。

 前夜の町内会役員会で「見前小学校では夏休みプールが使えないそうだ」ということが話題になりました。

 「見前小学校だより」に、受水槽が壊れ、修理のためには10日前後かかり、その間水道が使えなくなる。プールそのものの水は問題ないが、目洗いやうがいの水が使えなくなるため、夏休みのプール開放がで きなくなるかもしれない旨のお知らせが載っていたのです。
 小学校からお聞きすると、異常を発見したのが1月で、直ちに教育委員会に通報し対処をお願いしたということでした。

Mirusyojusuiso_4  さっそく受水槽を視察 (写真左・・クリックすると大きくなります) して、教育委員会に向かい、経過と対策について話を伺った所、①連休前に修繕しようとして水を止めようとしたが、修繕に1週間から10日かかることから連休中では難しく、夏休みがよかろうということで進めている。夏休みに入ったらすぐに水を抜いて修理をしようかと思っている。②時期のことについては学校と相談しながら実施したいと考えている、ということでした。
 
 庄子は、教育委員会に対して、①受水槽を視察して腐食も激しいことから、応急手当てで間に合うのか、受水槽そのものの更新が必要ではないのか、経費のこともあるが長い目で判断が必要ではないか、慎重な検討をすべきではないか ②夏休みに子供たちがプールが使えなくなることは酷なことだ。子供たちから楽しみを奪うことのないよう、できるだけ早く、しかも効果的な対策を行うよう申し入れました。

なぜ春休みに修理できなかったか
 合わせて庄子は、「一定期間かかる工事であるならば、春休みというチャンスがあったのではないか」「1月に学校から報告があり、なぜ今の時期の対応になったのか」と指摘。

 担当者は「1月に学校から通報があって現場を見たものの、様子を見たり検討しているうちに3月の年度末になった」ということでしたが、担当課長は、「報告が来たのは春になってから」ということでした。

 担当レベルで検討に時間がかかったことがあったにしても、検討の仕方によっては春休みに処理できるチャンスを逃し、夏休みにまで持ち越したことは、残念な結果でした。そういうことについても今後の教育委員会の対応の教訓にしていただくようお願いしました。

 また、最悪で学校のプールが使えなくなるということになる場合には、都南中央公園プールを代替えに活用することなどの検討もお願いしました。

« 桜からリンゴの花へ・・・盛岡は春真っ盛り | トップページ | 見前地区公民館では陶芸用窯がアウト »

市議会議員として」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 桜からリンゴの花へ・・・盛岡は春真っ盛り | トップページ | 見前地区公民館では陶芸用窯がアウト »