フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

逆さ南部富士

P10009861 11月29日朝、つなぎ温泉からの帰り道、御所湖に映った岩手山があまりにもくっきりしていたので、思わず立ち止まりシャッターを押しました。
 前日開催された消防団(市消防団21分団2部)の研修会と芋の子会の帰り道ででした。

  これほどまでの「さかさ南部富士」には初めて出会いました。 

2009年11月26日 (木)

市議会全員協議会開く ① 西口土地価格下落で2億円以上の損失

 11月24日、市議会全員協議会が開催され、12月議会に提出予定の補正予算の概要、下水道料金の引き上げ案、行政評価結果と来年度の重点施策、除雪計画、市立保育所民営化第2次計画、学校給食センターの民間委託、岩山漆芸美術館問題、水道部互助会にかかる補助問題など、市当局から説明がありました。

 12月議会に提案予定の補正予算案では最大の額が計上されているのは、盛岡駅西口土地区画整理事業で、盛岡地区土地開発公社の用地を市が取得するための、合計31億641万円です。
 これは、盛岡駅西口開発で売り出した公社用地が思うように売れず、土地価格が下落。既に含み損が生じ、このまま公社が持ち続ければさらに損失が拡大する懸念があるため、市が取得するというものです。

続きを読む "市議会全員協議会開く ① 西口土地価格下落で2億円以上の損失" »

2009年11月25日 (水)

うたごえ喫茶 2周年

P10009591 地域の同好の人たちとともに始めた「うたごえ喫茶」がこのほど2周年を迎え(20回)ました。

 2年前の9月、盛岡で開かれた「新宿ともしび」うたごえの集いに参加した人たちから「地域でも」との声が上がり、始めてからはや2年。毎月第3土曜日に開催しています。

続きを読む "うたごえ喫茶 2周年" »

臨時議会が開かれる

 11月24日、盛岡市議会全員協議会と臨時議会が開催されました。
 臨時議会では、職員給与条例等の改正案が議題となりました。人事委勧告及び県の人委員会の勧告に基づいて、平均17万3千円の給与引き下げを図るものです。共産党市議団は①旧政権の構造改革路線の下でださてた人事院勧告そのものが見直されるべきだ ②改定内容は、職員の「生計費」への配慮に欠けるものであり、これまでの連続引き下げで年収70万円も引き下げられている上で、厳しい削減だ ③民間給与の引き下げと悪循環となり地域経済への影響もある。内需拡大へ官民給与削減の悪循環を断つべきだ、という立場から、この議案のうち、常勤の特別職、市議会議員の期末手当引き下げの部分には賛成するものの議案全体には反対を表明しました。(反対討論は、共産党盛岡市議団のホームページをご覧ください)

紙製・プラスチック製容器包装資源化への説明会始まる

P10009481  来年8月から実施予定の「プラスチック製容器包装、紙製容器包装」の分別回収・資源化に向けた説明会(盛岡市都南地区)が始まりました。

 11月18日、見前地区全体での説明会が行われた翌日の11月19日夜、見前ニュータウン集会所で説明会が行われ、視察から帰ったその足で参加しました。

  
 

続きを読む "紙製・プラスチック製容器包装資源化への説明会始まる" »

スポーツ振興対策特別委員会で、刈谷市、習志野市、柏市を視察

 11月17~19日の日程で、盛岡市議会スポーツ振興対策特別委員会の視察に参加しました。視察先は愛知県刈谷市、千葉県習志野市、柏市でした。

続きを読む "スポーツ振興対策特別委員会で、刈谷市、習志野市、柏市を視察" »

2009年11月18日 (水)

共産党盛岡市議団が市民団体と懇談会

P1000901  11月16日、日本共産党盛岡市議会議員団は、市民団体と懇談会を行いました。
 党市議団から5人、市民団体からは6団体から参加がありました。
 この懇談会は、市民要求実現めざす党市議団および各団体の交流を行いながら、その運動の発展をめざすこんごの協力共同を広げようと、党市議団が呼び掛けて開催されたものです。

続きを読む "共産党盛岡市議団が市民団体と懇談会" »

2009年11月17日 (火)

会派視察②~今治市の「地産地消・食育と学校給食」

P1000879  11月12日は、愛媛県今治市の「地産地消と食育の推進」事業について行政視察しました。
 今治市は、2005年1月に11町村と合併した人口18万の都市。全国の6割の生産を誇る、「タオル生産日本一」で有名ですが、地産地消、食育の推進でも全国の先進地の一つです。

続きを読む "会派視察②~今治市の「地産地消・食育と学校給食」" »

2009年11月16日 (月)

会派で行政視察①~倉敷市の地球温暖化対策

 11月10日~12日、日本共産党盛岡市議会議員団は、会派視察を行い、千葉県野田市の「公契約条例」、岡山県倉敷市の「地球温暖化対策」、愛媛県今治市の「地産地消と食育の推進」について視察研修しました。
 庄子は、10日に開かれた市議会全員協議会への出席のため野田市の視察はあきらめ、11日の倉敷市、12日の今治市の視察に合流しました。

 倉敷市~「グリーンくらしきアクションプラン」 倉敷市では、地球温暖化対策について視察。現在の「環境基本計画」が2010年度までであることから、温暖化対策も含めた新しい基本計画づくりに取り組んでいるとのことでした。同時に、2005年度に策定した「倉敷市域新エネルギービジョン」に基づいて、太陽光発電普及促進、バイオマス有効利用、クリーン自動車の導入・普及などに取り組んできたとのことでした。

続きを読む "会派で行政視察①~倉敷市の地球温暖化対策" »

2009年11月11日 (水)

市の不正経理、会計検査院からの指摘 6023万円(補助金相当3018万円)

昨年発覚した公金の不正経理問題で、会計検査院の検査結果、盛岡市の不正経理は、国土交通省関係で5571万7千円(補助金相当2711万7千円)、農林水産省関係で451万3千円(同306万9千円)、合計で6023万円(補助金相当3018万6千円)に上ることが明らかになりました。
 この額は、市が自主的に調査して公表していた額に比べて、総額で1605万円増えています。示された資料で目を引いたのが、農業委員会事務局においても「需要費」で7件・13万円が含まれていたことです。 市の調査では「ない」とされていたところから出てきたのですが、実は平成6年度の「不正経理事件」は農業委員会事務局で起こっていたのです。当時この問題を発見して改善を求めた立場から、昨年この問題が明るみに出た直後、真っ先に農業委員会事務局から確かめて「農業委員会事務局にはなかった」との回答を得ていただけに、びっくり・残念の思いです。
盛岡市議会は、このことについて11月13日(金)の午前10時から市議会全員協議会を開催して議論する予定です。

岩山漆芸美術館「閉館」(冬期休館)へ~鳴り物入りで再開館から4か月で行き詰まり

 11月10日に開催された市議会全員協議会で、岩山漆芸美術館の「閉館」問題が市から報告されました。
 この問題は、11月8日の新聞(盛岡タイムス、岩手日報 他)で今月いっぱいで同館が閉館となることが報じられました。岩手日報は「赤字続き今月末閉館」と報じ、盛岡タイムスは「11月末で閉鎖 再開からわずか4カ月」と報じたのです。

 岩山漆芸美術館は、漆芸作家の全龍福(チョン・ヨンボク)氏が2004年5月盛岡市所有の「旧橋本美術館」を無償で利用してオープンしましたが、昨年(2008年)11月で閉鎖していました。
 ところが、今年になって「8月に再開館する」との方針が打ち出されました。その内容としては ①韓国の著名俳優であるペ・ヨンジュン氏が名誉館長に就任する ②ぺ氏の事務所が出資して、館の運営会社(オリエンタルトレジャー社)を設立して運営に当たる ③市との間で賃貸契約を結び、年間約600万円の家賃を支払うというもの。

 盛岡市は、その計画にすぐにのり「予算流用」の形で、電気設備と消防設備の改修工事を1080万円で実施しました。このことは市議会で「予算議決主義」に違反するとの指摘があり厳しい議論が行われました。その祭の市の説明は「これまでは無償でお貸していたが今度は賃貸契約を結ぶので、大家の責任で工事する」「あくまでも市建物を修繕するもので、予算の流用は問題ない」などと答えていました。
11月8日の新聞各紙の報道にあわてたのか、昨日(11月9日)、市の担当課長(管材課長、ブランド推進課長)が訪問して全館長と会談した際、11月8日の新聞報道は「誤報だ」、あくまでも冬期間の休業で、来年4月1日には開館する」などと答え、テレビなどでも大きく報じられました。
 
 10日の市議会全に協議会では、市からその会談のなかで全氏から聞いた内容について説明があり、「閉館ではなく『冬期間の休業』とする説明をそのまま議会にいました。
しかし、今回明らかにあった客観的な事実は、①ぺ氏の事務所から、オリエンタルトレジャー社への出資は中止されたこと ②したがってオリエンタルトレジャー社は解散すること ③運営会社解散後の受け皿としてはNPO団体などで運営できないか模索したいとしていること ④契約で結んだ賃貸料金は、8月分から未納になっていること ⑤ふるさと雇用創出事業で雇用する予定の2人分の人件費に相当する320万円の補助金は前払いされ、雇用されなかったにもかかわらず返還されていないこと。⑥賃貸料や補助金の返還分については11月中に支払い計画を明らかにすることになっている、ことなどです。

 これでは、「冬期間の休業だ」という説明は全くつきません。4月1日にオープンする主体が不明確であり、再開館する何の保証もないのです。しいて言うならば「運営主体を探し、再オープンという希望を持ちつつ、閉館する」ということでしょう。

 「11月閉館」は誤報どころか、事の本質を伝える記事と言わなければなりません。

 ぺ氏の事務所からの出資中止の理由が「新聞報道などに接し、反対のある事業には出資できない」とされているという説明に至っては、それを市が真に受けているとすれば、「あいた口がふさがらない」というのが率直な感想です。ぺ氏の事務所は「ビジネスとして成り立つかどうか」を慎重に判断した結果だと見るのが普通で、そもそも計画自体のずさんさが指摘されなければならないことではなかったかというのが私の率直な感想です。

 盛岡市の対応の妥当性が問われる事態です。

 この問題は、11月13日の市議会全員協議会で議論が続けられます。

2009年11月10日 (火)

いのちをつなぐ人のうた、コンサートにゲスト出演でオカリナを演奏

P10007221 11月8日昼過ぎ、防災訓練終了後、向かったのは盛岡市中央公民館。

 盛岡医療生協の組合員のみなさんが取り組んだ、合唱組曲「いのちをつなぐ人のうた」の合唱コンサートのゲスト出演で、オカリナを演奏するためでした。

 

続きを読む "いのちをつなぐ人のうた、コンサートにゲスト出演でオカリナを演奏" »

見前ニュータウン自主防災隊が「防災訓練」

P1000693_2 11月8日、見前ニュータウン自治会・自主防災隊が「防災訓練」を実施しました。
 防災訓練は昨年に続き2回目。今回は、今年取り組んでいる「要援護者」への支援体制の整備を目標にした「防災福祉マップ」作りを県社会福祉協議会の赤い羽根共同募金助成事業として取り組んでいることから、要援護者への避難支援訓練も大きな目的となりました。

続きを読む "見前ニュータウン自主防災隊が「防災訓練」" »

盛岡南地区「いのちの山河」観る会結成のつどい 開く

P1000646 11月4日午後、都南公民館第一研修室において盛岡南地区「いのちの山河」を観る会の結成の集いが開かれ、元沢内村健康管理課主幹の照井富太さんが講演しました。
 照井さんは、今年で84歳。故深澤晟雄村長とともに、沢内村の生命尊重行政の第一線で働いた方のお1人で、今回深澤晟雄村長の半生を描いた劇映画「いのちの山河」上映運動の成功を願って快く講演を引き受けて下さいました。

続きを読む "盛岡南地区「いのちの山河」観る会結成のつどい 開く" »

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »