フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 立憲主義、憲法9条の意味など、「そもそも」に立ち返ろう~岩手9条の会5周年学習・活動交流会で伊藤真さんが講演 | トップページ | 「いのちの山河」上映会・・・予想を超える1631人(キャラホール) »

2010年1月19日 (火)

参議院選挙勝利へ「がんばろう!」~後援会が「新春のつどい」

P10102841  1月17日、庄子地域の日本共産党後援会が「新春のつどいを開催しました。

 つどいでには、八重樫後援会長のあいさつに続き庄子の地元町内会長から激励のあいさつをいただきました。
 つづいて、13日から16日まで開催された第25回党大会に代議員として参加した、瀬川貞清(さだきよ)共産党岩手県書記長・参議院岩手選挙区予定候補が、歴史的な党大会の報告をし挨拶。
 瀬川氏は、大会中におこった、民主党小沢幹事長の政治資金にかかわる容疑で秘書など3人が逮捕された問題に触れ、本質は公共工事の利権であり、税金の還流の問題だ。大元の「企業・団体献金の禁止が必要だ」と述べ。また、国民の願いの前に立ちはだかる「大企業の横暴」、「日米軍事同盟絶対」という2つの問題を取り除くため、参議院選挙で必ず前進したいと決意を述べました。

 庄子も、この間の地域要求などの公約実現の取組みや12月議会で問題になった「岩山漆芸美術館」の問題などについて報告するとともに、夏の参議院選挙、一年後に迫った一斉地方選挙に向けて、全力を挙げる決意を表明しました。

 その後、地元自治会長の音頭で乾杯し、お餅(おしるこ、お雑煮)や黒豆など、正月らしい料理などに舌鼓を打ちがら和やかに懇談。各地域の後援会からも、こもごも今年の決意が語られました。
 最後に、地元自治会の副会長の音頭で「がんばろう」を三唱して会が閉じられました。

« 立憲主義、憲法9条の意味など、「そもそも」に立ち返ろう~岩手9条の会5周年学習・活動交流会で伊藤真さんが講演 | トップページ | 「いのちの山河」上映会・・・予想を超える1631人(キャラホール) »

駆けある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 参議院選挙勝利へ「がんばろう!」~後援会が「新春のつどい」:

« 立憲主義、憲法9条の意味など、「そもそも」に立ち返ろう~岩手9条の会5周年学習・活動交流会で伊藤真さんが講演 | トップページ | 「いのちの山河」上映会・・・予想を超える1631人(キャラホール) »