フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 「いのちの山河」上映会・・・予想を超える1631人(キャラホール) | トップページ | 盛岡市が国保税の大幅引き上げ案~15%、一世帯平均2万3千160円 »

2010年1月27日 (水)

北上川(都南大橋下流)中州樹木の伐採へ~洪水対策で地元が要望

P10103861  1月25日、三本柳明戸公民館で、国土交通省岩手河川国道事務所盛岡出張所が実施する、北上川都南大橋下流の中州の樹木の一部伐採計画について、の説明会が開かれました。
(写真は、伐採計画を図面を持って説明する細田所長 )

 この伐採は、北上川都南大橋下流の中州に育った樹木が、洪水時に河川の流れを変えて堤防への影響を与えていることから、地元の住民が要望していたものです。特に、2007年(平成19年)9月17日の秋雨前線停滞による大雨で、盛岡地区でも最も大きな被害を受けた地区の一つが三本柳地区でした。そのさい、北上川の洪水が樹木の影響で流れを変え、堤防を直撃している現状を見て心配していた住民が、2008年(平成20年)7月23日には、河川国道事務所盛岡出張所の細田所長と住民が現地を視察し、伐採などの整備を要望していました。説明会では、その要望を受けての当面の事業計画について、細田所長が直接住民に説明し、要望・意見などを聞きました。

 示された伐採計画の図面は下のとおり。 (クリックすると大きくなります)
Tonanohasikaryubassaikeikakuzu21
 2007年の洪水被害では、私の地元の見前ニュータウンで床上浸水・床下浸水が発生。北上川の水位が上昇し、内水(鴨助堰)が排水できなかったことによるもので、その対策として鴨助堰へのポンプゲート設置工事が今年度実施され、3月には完成の予定です。

 また、一部堤防からの漏水があり、その対策として約300メートルにわたって堤防に矢板を打ち込んでの補強工事が昨年度実施されておりました。

« 「いのちの山河」上映会・・・予想を超える1631人(キャラホール) | トップページ | 盛岡市が国保税の大幅引き上げ案~15%、一世帯平均2万3千160円 »

提案・要望実る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「いのちの山河」上映会・・・予想を超える1631人(キャラホール) | トップページ | 盛岡市が国保税の大幅引き上げ案~15%、一世帯平均2万3千160円 »