フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 視察報告① 荒川区の「匠育成支援事業」 | トップページ | 視察報告③~産地市場の強み生かし、「地方市場」として屈指の取扱高・・松本市公設卸売市場 »

2010年2月24日 (水)

視察報告② 高崎総合地方卸売市場

P1010531  2月17日には、高崎市総合地方市場を視察しました。朝6時から始まる水産部(マグロ)のセリに続き市場内の各施設を見学。その後、一旦ホテルに帰り、再度午前10時から市場の運営等について説明を受けました。

 高崎市総合地方卸売市場は、開場から30年。高崎市が52%出資した第3セクター市場でした。
 第3セクター市場としての役割や、開設者の責務なども業務規定に明記。①第3セクター市場の特徴を生かし、公正かつ効率的な運営を行う ②市場の運営が出荷者の利益確保と市場関係事業者の発展並びに市民生活の安定に資するよう努める ③市場用地の有効利用と施設の整備改良、市場関係者の業務支援と指導、市場の振興のための諸施策の策定と実施等に努め、市場の健全な発展と流通の改善に寄与しなくてはならない、と定めて、開設者自身が努力していました。P1010530
 特に印象に残ったことは、①太陽光発電(市場施設の屋根に200KWのパネルを設置し場内の6%の電力) ②まぐろ置き場に御影石を使ったまぐろ置き場(右の写真)を特許を取得。トマトのブランド名「うれっこ」などを商標登録し生産者にその使用権を貸与 ③毎月2回市民に市場開放している「ニコニコ感謝デー」(年間6万人以上の入場) ④行商用トラックを利用して移動販売を行っている小売業者の方たちの営業を支援する「移動販売業者支援センター などの取り組みでした。

 詳しい報告書はこちらから「高崎総合地方卸売市場視察報告書(PDF) 

« 視察報告① 荒川区の「匠育成支援事業」 | トップページ | 視察報告③~産地市場の強み生かし、「地方市場」として屈指の取扱高・・松本市公設卸売市場 »

視察・研修報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 視察報告② 高崎総合地方卸売市場:

« 視察報告① 荒川区の「匠育成支援事業」 | トップページ | 視察報告③~産地市場の強み生かし、「地方市場」として屈指の取扱高・・松本市公設卸売市場 »