フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月15日 (月)

感動的な見中卒業式

 3月13日、見前中学校の卒業式がありP1010680 、来賓として出席させていただきました。

 今年の卒業生は191名。ひとりひとりに卒業証書を手渡す阿部校長先生の微笑みながら、ひとりひとりに声をかけている姿はとても素敵なものでしたし、式辞の言葉も、卒業生に対する心のこもったはなむけの言葉として心にしみるものでした。

 それにしても、3年前に小学校を卒業したばかりの初々しい子どもたちが3年を経て、これほどまでに成長する姿に触れて感動。在校生の贈る言葉、贈る合唱も、卒業生のそれにこたえる言葉も、合唱もこれまでにも増して素晴らしい出来栄えと感じました。水準が年々高くなっていると実感するものでした。

 また、表彰・紹介された部活動などの成績でも、全国大会5位入賞の陸上女子400mりレーをはじめ、ソフトテニス、パーカッションなど、県内から東北・全国のレベルで活躍する数々の立派な成績も紹介され、これまたその努力に感動。
 そういえば、あの西武ライオンズに入団した雄星投手(菊池雄星くん)の母校がこの見前中学校だったなと、改めて思いをしました。

 この卒業生の皆さんの、これからの道が本当に希望に満ちたものにするための責任も感じた卒業式でした。 

障害者の多機能型事業所「となんカナン」が落成式

P1010676  3月11日、盛岡市津志田の旧盛岡市卸売市場跡地の一角に建設中の知的障害者の多機能施設、「となんカナン」の落成式(献屋式)があり出席しました。

 となんカナンは、社会福祉法人カナンの園が事業主体として建設運営する施設で、市場跡地の市有地を無償で貸与して建設されました。

 式では、カナンの園チャプレンの中条牧師の司式ですすめられ、讃美歌を合唱し聖書の詩篇を朗読し、その一節「兄弟が和合してともにいること」がどれだけ大切なことか・・・この施設もそのような施設でありたい、というお話しがされました。

 この施設は、多機能型事業所として、就労継続支援B型事業で20名、就労以降支援事業で10名の定員で運営されるとのことです。P1010672
 施設には、cafe オーデンセも併設され、この施設で作ったケーキやクッキーなどを楽しむことができます。
 式の後の「茶話会」では、たくさんのおいしいパン、ケーキなどがふるまわれました。(写真右)

 4月7日のオープンが楽しみです。

2010年3月10日 (水)

3月議会の報告③~伝統工芸技術の継承対策への支援を

 3月議会の一般質問で、地場産業・伝統産業支援について取り上げました。

 質問では、2月に行った東京荒川区の「匠育成支援事業」(詳しくは、こちらを・・・荒川区視察報告・・ブログ記事)について紹介し、江戸下町に劣らない、盛岡の藩政時代から今に伝わる伝統工芸の育成をと求め、①荒川区で行っているように、伝統工芸技術を「無形文化財」として指定・登録して保存する考えはないか ②伝統工芸そのものを盛岡ブランドとしてもっと光りを当てるべきでは ③常設展示場でもあう「盛岡手づくり村」、20以上に広がっている「小さな博物館」などの事業をもとにしながら、新しく、一堂に会して市民に紹介する機会・イベントの開催 ④後継者育成のための具体的な支援対策 などについて市の考えをただしました。

伝統工芸技術の文化財指定・登録について調査する 

これに対して、教育長は ① 「市の文化財保護条例では、伝統工芸技術についても指定の対象とされている。市内には藩政時代から伝承され歴史的芸術的価値が高く市にとって重要な伝統工芸技術があるので、今後十分調査したい」 と答えました。
 
文化的価値は大きい・盛岡ブランドとしての発信が必要

 また、佐藤商工観光部長は、②国の「伝統工芸士品としては、南部鉄器、岩谷堂たんす、浄法寺塗り、秀平塗りの4業種が指定されている」「その他、南部古代型染め、紫紺ぞめをはじめとしたすぐれた伝統工芸品もある」「盛岡の暮らしから生まれた素晴らしい職人の技は啄木・賢治などの文学・文化と同様に盛岡ブランドとして大切にしなければならない文化的価値であり、物産同様盛岡ブランドとしての発信が必要」などと答えました。

市民への紹介・・研究する。浄法寺塗りの後継者育成へ支援する

 佐藤部長はさらに、③市民への紹介については「これまでの取り組みの上に立ってさらに研究したい。」 ④後継者育成への具体的取り組みについては「浄法寺塗り職人の後継者2人を育成する事業を予算化した」と答えました。

 

2010年3月 5日 (金)

3月議会で一般質問②~岩手談合事件への対応、副市長辞任について

岩手談合事件への対応 

 3月議会の一般質問で庄子は、もうすぐ審決が下される岩手談合事件について、談合が確定すれば、指名停止処分となり、雇用や地域経済への影響を最小限にする対策が必要だと市長の考えをただしました。
谷藤市長は、「指名停止措置によって市内経済への影響も懸念されるところでありますが、市の指名停止基準による公平性もありますことから、慎重に判断したい」と答えました。

池田副市長の辞任と、後任人事について

 池田副市長がこの3月いっぱいで辞任することについて庄子は、「なぜこのタイミングか。市長と池田副市長の間に何があったか」「後任についてはどう考えているか」と質問。
 市長は、「市の行財政構造改革が最終年度となること、不適切経理問題にも区切りをつけたことでの判断だと聞いている。本人の意向は尊重する」「後任人事については、副市長2人性を継続するかどうか、起用する人材も含めて判断してまいりたい」と答えました。

2010年3月 4日 (木)

2010年3月議会で質問①~「平和市長会議」加盟を活かし、NPT再検討会議に向けてアクションを!

Img_84051   3月4日、2010年3月議会で一般質問に立ちました。今回の質問項目は ①市長の政治姿勢 ②中央卸売市場について ③地場産業・伝統産業の育成について ④総合計画実施計画についての4項目でした。

 政治姿勢に関連して、盛岡市が昨年「平和市長会議」に加盟したことについて、今年どう取り組むかと質しました。平和市長会議が、ニューヨークで開催される国連のNPT再検討会議で「ヒロシマ・ナガサキ議定書」の採択を目指していることから庄子は、「このNPT再検討会議に向けて、市として具体的なアクションを行うつもりはないか」と質問。

 市長は、「ヒロシマナガサキ議定書」の内容と意義について「2020年までに核兵器を廃絶するための道筋を示し、核不拡散条約を補完するもの」「軍縮の10年に向けての意義は大きい」などと述べましたが、具体的なアクションには触れませんでした。

 庄子は、重ねて「アクションを」と指摘し、「市民団体などでもニューヨークに行く動きもある。メッセージを託すなど検討できないか」と提起しました。岩野総務部長は「具体的な提案があった場合には検討する」と答えました。

2010年3月 3日 (水)

火の用心、カチカチ~火災予防週間初日、子どもたちと防火パトロール

Dsc04540  3月1日、見前ニュータウン自治会・自主防災隊は子供会の皆さんと一緒に、火の用心の見回りパトロールを行いました。

 一昨年の年末と昨年年始に行って以来2回目の防火パトロールとなりました。春と秋の火災予防週間に行うこととし、昨年秋は新型インフルエンザの流行もあり実施を見送っていました。

 この日は、約30人の子供たちとその父母、自主防災隊役員など総勢60人を超える人たちが、団地内を2手にわかれてパトロール。「マッチ一本火事の元。焼き肉焼いても家焼くな。戸締り用心火の用心」と掛け声をかけ拍子木を打ち鳴らしながらパトロールしました。
 今回は予防週間の後半、3月6日にも行うことにしています。

視察報告③~産地市場の強み生かし、「地方市場」として屈指の取扱高・・松本市公設卸売市場

P10105862月18日には、松本市公設地方卸売市場を視察しました。朝7時から場内を見学し、青果の競売、施設内の見学を行い、その後市場事務所内で、説明を受けました。

 松本市場を視察先に選んだ理由は、全国の「地方市場」の中で屈指の取扱量となっており、盛岡中央卸売市場とほぼ同じとなっていることからどのような市場運営になっているのか調査したいということにありました。 P1010568
 
 調査して明らかになったことは、「中央市場」か「地方市場」かの違いよりも、卸売業者のパワーと信用力にあること、また松本市場の強みは、産地市場としてその条件を生かしていることなどに特徴がありました。  

詳しい内容はこちらから「松本市場視察報告書(PDF)
 

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »