フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 「政治を変えたい」の思いにこたえてがんばります・・・・東北いっせい宣伝に立つ | トップページ | 市民から寄せられた要望・課題実現 その1 »

2010年5月10日 (月)

普天間問題=安保体制の行き詰まり・・・川端純四郎氏が講演

P10201341  5月9日、都南9条の「結成5周年記念講演会」が開かれ、元東北学院大学教授の川端純四郎氏が「日米安保の50年と平和憲法・9条」と題して講演しました。

 川端氏は、鳩山内閣の普天間基地をめぐる行き詰まりが、日米安保体制の行き詰まりだということをズバリ、わかりやすくお話ししました。

 海兵隊は「抑止力」ではないことを、ワインバーガー国防長官の米議会での証言(1982年「沖縄の海兵隊は日本の防衛に割り当てられてはいない」)を紹介するとともに、元防衛庁幹部の著書などを紹介しながら分かりやすくお話ししました。安保体制について 旧安保~新安保~新ガイドラインという変遷のもとでどう変質してきたかを振り返りつつ、また、その土台となっている経済体制なども示しながら、アメリカの時代が終わっていること、今後の日本の進むべき道としてアメリカ一辺倒をやめアジアとの連携を強めることの必要性をお話ししました。

 5周年のつどいでは、NPT再検討会議が開かれたニューヨークで核廃絶を世界に訴えるために参加・行動してきた伊藤さんが活動報告を行いました。

« 「政治を変えたい」の思いにこたえてがんばります・・・・東北いっせい宣伝に立つ | トップページ | 市民から寄せられた要望・課題実現 その1 »

駆けある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 普天間問題=安保体制の行き詰まり・・・川端純四郎氏が講演:

« 「政治を変えたい」の思いにこたえてがんばります・・・・東北いっせい宣伝に立つ | トップページ | 市民から寄せられた要望・課題実現 その1 »