フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 朝宣伝・・普天間基地問題、経済対策を訴える | トップページ | 高知市の自主防災組織、友好・姉妹都市交流事業 »

2010年5月18日 (火)

ナイターで売上増も厳しい収支~高知競馬

P102018912  5月18日から20日までの日程で、市議会総務常任委員会の行政視察に出かけました。

 初日の18日は、高知市にある高知競馬を視察しました。
 一時期「ハルウララ」人気がマスコミなどでも取り上げられた高知競馬ですが、87憶円の累積赤字を抱え、平成14年、高知県と高知市で財政負担をし、累積赤字分を負担することとし、競馬事業は単年度黒字を条件に存続していました。

 ハルウララ人気で一時期黒字を計上したものの、その後経営が困難となるなか、平成20年度に2億5千万円の経費削減(人件費などの固定費に加え、章典費などの引き下げ)などを行って、5687万円の黒字を計上。21年度には、ナイター設備を備え、全国初の通年ナイター競馬を始めました。その結果、年々減ってきていた売り上げは20年度の38億8千万円から54億8千万円に回復しました。前年比で16憶円(41%)も売上増とはなりましたが、単年度収支では、逆に前年比で約3千万円減る見込みだとのことです。

 その辺の事情をお聞きしたところ、自場売上は78%に減少し、インターネット(電話投票も含む)が3倍以上に伸びている結果、インターネット運営会社への委託料の負担が多くなっていることが要因としてあることが分かりました。

 競馬の売り上げは、その75%が配当金に回ります。残りの25%のうち、インターネット会社の取り分が何と15%。売上増の大部分をそちらに持っていかれた形でした。なかなか厳しいものがあることが改めて分かりました。


 

« 朝宣伝・・普天間基地問題、経済対策を訴える | トップページ | 高知市の自主防災組織、友好・姉妹都市交流事業 »

視察・研修報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナイターで売上増も厳しい収支~高知競馬:

« 朝宣伝・・普天間基地問題、経済対策を訴える | トップページ | 高知市の自主防災組織、友好・姉妹都市交流事業 »