フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 6月議会報告⑤・・市税条例改正・市営住宅廃止に反対 | トップページ | 津志田芋焼酎、今年も好評発売・・発売記念交流会開く »

2010年7月 1日 (木)

6月議会報告⑥・・「松園の先生への侮辱的発言は議会全体の意見ではない」の発言に他会派から拍手をいただきました。

 6月議会最終日の私の討論の発言の途中、他の会派の議員から2度拍手がおき、私もびっくりしました。最終日の討論に対して議場から拍手が出たことは、これまであまり記憶がありませんでした。

 拍手が出たのは、私が、「建設常任委員会の審議の過程で『頭の悪い先生を松園によこさなければ、本当に満室に』なる・・云々の発言がありましたが、松園の小中学校で頑張っておられる先生に対する侮辱的な言葉にも受け取られかねない非常に残念な発言だと思います。議会全体としては決してそのような評価ではないと思います。先生方にはモチベーションを落とすことなく頑張っていただきたい」と発言した時でした。

 6月25日の建設常任委員会の審議の中で、松園ニュータウンのまちづくりに関してある議員が、松園ニュータウンの空き家を埋めるために、という趣旨で「頭の悪い先生・・・」の発言が飛び出し、マスコミに報道されたのでした。
 発言の趣旨は、松園地区の学校の進学の成績が上がれば、そこに魅力を感じて人が集まる、空き家も埋まる、ということなのでしょう。しかし、その発言内容は明らかに現在の松園地区の小中学校の教師を根拠も示さず「頭が悪い」と侮辱する結果になったことは明らかです。

 この発言をめぐっては、最終本会議開会前の議会運営委員会で問題となり、その議員の所属会派の幹事長と議運委員、議運の正副委員長、議会の正副議長から、問題点を指摘し、本人から何らかの訂正を行うよう勧告したものの、その議員はそれを拒否し、最終本会議にも欠席したのです。

 今回討論で私は、「このまま終わるわけにはいかない」、との強い思いから当初の予定にない発言を加えたのでした。他会派から拍手という異例の事態が起きた背景には、この問題で共通の思いがあったのだと思います。

« 6月議会報告⑤・・市税条例改正・市営住宅廃止に反対 | トップページ | 津志田芋焼酎、今年も好評発売・・発売記念交流会開く »

議会の報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6月議会報告⑤・・市税条例改正・市営住宅廃止に反対 | トップページ | 津志田芋焼酎、今年も好評発売・・発売記念交流会開く »