フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 容器包装リサイクル施設が完成~8月から供用開始 | トップページ | 盛岡さんさ踊り がスタート(8月1日から4日まで) »

2010年7月31日 (土)

大雨洪水警報・・小河川氾濫の危機

P10207461  7月30日、午前4時半頃には、前夜の雨もおさまっており、「大雨も峠を越えたか」と思って「しんぶん赤旗」の配達に出かけました。

 配達を終え朝食を済ませて間もなく、閃光と雷鳴がとどろき、やがて大粒の激しい雨が降り出し、盛岡市が大雨洪水警報発令に伴い「災害警戒本部を設置した」とのメールが入りました。
 「これは!」と思い、地域の方から「大雨になると水路があふれて大変だ」と訴えられていた場所(三本柳と永井地区の境の水路)に向かいました。

 案のじょう、降り出しから30分もしないうちに水位が1メートル近くも上がり、あと10cm程であふれ出る様相でした。

 7月4日夕方の集中豪雨のときには、この川があふれ出て渡板が流されたとのこと。この現場の上流でも、その日(4日)には橋を越えてあふれ出た、ということで、そちらに向かうと数人の方が不安そうに見守っていました。
 現場から、市の河川課と下水道施設管理課に電話して、職員の派遣を要請。職員到着までの間、地域の方から聞き取りし調査しているうちに雨も小康状態となり、やがて水位も下がりはじめ、危うく氾濫は免れたました。
P10207591_4  
 市下水道施設管理課の方には、前回の氾濫の際、床下付近までの浸水をした家に対して、土のうを設置していただくよう要請。夕方確認したところ設置されていました。

 地域の方のお話しでは、「この氾濫はここ3~4年前からの事で、それ までなかった」とのこと。また、「以前は市が業者に頼んで水路の草刈りや浚渫を行っていたが、市に電話したら『お金がないから、自分たちでやってくれ』と言われた」という声も聞かれました。
 これらを踏まえ、市の担当者には、①原因と対策を調査すること。特に水路断面の排水能力が発揮できる状態かどうか、河川管理上問題がないか。②雨水排水計画(下流の鴨助堰の改修計画)の検証は必要ないか などを、検討することを現場で要請しました。

« 容器包装リサイクル施設が完成~8月から供用開始 | トップページ | 盛岡さんさ踊り がスタート(8月1日から4日まで) »

市議会議員として」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大雨洪水警報・・小河川氾濫の危機:

« 容器包装リサイクル施設が完成~8月から供用開始 | トップページ | 盛岡さんさ踊り がスタート(8月1日から4日まで) »