フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 学校の耐震化~診断結果に基づいて早急な耐震化を!城東中学校は4棟とも「改築」にすべき・・・・・・・6月議会報告④ | トップページ | 6月議会報告⑥・・「松園の先生への侮辱的発言は議会全体の意見ではない」の発言に他会派から拍手をいただきました。 »

2010年7月 1日 (木)

6月議会報告⑤・・市税条例改正・市営住宅廃止に反対

 6月議会が6月29日に終わりました。最終本会議で、共産党市議団の討論に立ち、提案された議案17件のうち、3議案に反対しました。

 反対したのは①市税条例改正案 ②市営住宅を13戸廃止する条例案 ③国保税の最高限度額を引き上げる条例の専決処分の承認 の3件です。

 ①の市税条例改正は地方税法の改正に伴うものですが、16歳未満の年少扶養控除と16歳から19歳未満の扶養親族に対する特定扶養控除の上乗せ部分の廃止によって、盛岡市では 4万8千人が対象となり、約8億5千万円の増税となるものです。来年度以降の子ども手当については確定していないなかで、増税だけは恒久的なものです。また、少額とはいえ、上場株式等に係る譲渡所得等の非課税措置についても証券優遇税制であり認められないものです。

②市営住宅を13戸廃止する問題は、「老朽化したから廃止する」というものです。
 今日、公営住宅への入居を求める方は増加しており、市営住宅への入居希望者の倍率は、平成20年度で7.13倍、平成21年度では7.89倍と増加傾向です。「住宅は福祉」の立場からすれば、減らすのではなく、老朽化したのなら、建て替えをすべきです。
 討論では「低廉な住宅をその人の生活環境に応じて見つけたいという市民の考えに対し市営住宅の戸数を減らし、住宅は自助努力にまかせるという考えは、「住宅は福祉」という考えからの大きな後退」と指摘しました。

③国保税の最高限度額の引き上げについては、「そのことによって中間層の負担を抑える効果があるといわれていますが、最高限度額となる収入世帯で比較すると、国保税の水準は、公務員などの共済保険と比べて約2.5倍、協会健保などと比べても約2倍近くと非常に重い」「国保税全体が市民の負担能力からみて非常に重いものになっている要因は、国の負担を削減してきた結果」「抜本的な対策こそ求められており、国保税の引き上げには反対」と指摘しました。

« 学校の耐震化~診断結果に基づいて早急な耐震化を!城東中学校は4棟とも「改築」にすべき・・・・・・・6月議会報告④ | トップページ | 6月議会報告⑥・・「松園の先生への侮辱的発言は議会全体の意見ではない」の発言に他会派から拍手をいただきました。 »

議会の報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月議会報告⑤・・市税条例改正・市営住宅廃止に反対:

« 学校の耐震化~診断結果に基づいて早急な耐震化を!城東中学校は4棟とも「改築」にすべき・・・・・・・6月議会報告④ | トップページ | 6月議会報告⑥・・「松園の先生への侮辱的発言は議会全体の意見ではない」の発言に他会派から拍手をいただきました。 »