フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 岩手大学の火事、紅葉と冠雪の岩手山 | トップページ | 水路の浚渫工事が始まります »

2010年10月30日 (土)

6割の店に立ち退きを迫る市案の白紙撤回があってこそ前向きの協議が可能になる・・・桜山神社参道地区再開発計画

 10月30日の岩手日報には、「桜山神社地区整備で盛岡市  地元と協議機関設置へ」「年度内決定こだわらず」の記事が掲載されています。
 それによれば、●市は、地権者や商店主など地元代表を交えた新たな協議機関を設置する方針を固めた ●同構想を盛り込んだ史跡盛岡城跡保存管理計画についても市は目標の年度内決定にこだわらない姿勢で時間をかけて議論する方向に転換した ということです。
 直接の説明はありませんが、記事のとおりであれば、市の対応はその二つのこと自体は当然のことだと思います。

 しかし、「新たな協議機関」の設置、「時間をかけた管理計画策定」ということの前提に、今回の計画の「白紙撤回」があってこそ前向きの協議が可能になるということではないでしょうか。

 27日に開催された内丸第二町内会と東大通り商業振興会の臨時総会では、会員の皆さん
P10309641 の真剣な議論の末、改めて計画の白紙撤回を求めるとともに、地区の用途指定を「商業地域」に変更を求める請願署名に取り組むことを確認しました。 (写真右・・総会で報告する颯田商業振興会長、川村町内会長)

 その場で、第2町内会長の川村さんは「前会長から『この地区は建て替えができないので絶対火事を起こさないように』と引き継いだ。今回の(勘定所、土塁などを整備する)市の計画は火事を上回るものだ。区域内の85店舗中、56店舗が消滅する。3分の2がなくなる計画だ。3分の1が残っても商店街が壊れて商売ができなくなる。半端ではない。とどめを刺される計画だ。この計画は白紙撤回にしてもらいたい。史跡の保存に反対しているのではない。」とあいさつされました。ここに今回の計画案の重要な問題があります。今回の市の計画は、「3分の2の店舗に撤去・移転を迫り」、「商店街に『とどめを刺す』」計画となっているのです。

 同時に、総会の討論でも、「まちづくりの方向を考える委員会を作ろう」と地元からも対案を検討しようという意見も出され、青年部を中心に取り組もうということになりました。

 市は、メンツにこだわらず、今回の案を白紙に戻し、改めて膝つき合わせて協議する立場に立つべきです。そうしてこそ、新たな、前向きの協議が可能になるのではないかと思います。

« 岩手大学の火事、紅葉と冠雪の岩手山 | トップページ | 水路の浚渫工事が始まります »

市議会議員として」カテゴリの記事

コメント

私も市の案は白紙撤回すべきと思います。
桜山商店街(というか、ほとんど飲食街というべきかと思いますが)
のお店が移転等もせず、全てなくなることも大変もったいないことと
思います。
そこに生活の基盤を置いている方の生活を守るということも
優先事項と思います。
しかし、商業地域への用途地域変更とセットにした署名活動
には賛成できません。
話し合いのテーブルに着くなら、そちらも一度白紙撤回すべき
ではないでしょうか。
戦後のいろいろな経緯があるにせよ、市有地、神社所有地上で
史跡指定がある土地の上で、古く、防災上等問題のある建物の
中で営業している現状を改善するためには、商業地域に変更する
ことが唯一の解決方法とは思えません。むしろ将来に禍根を残す
可能性の方が高いと考えます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506603/49883026

この記事へのトラックバック一覧です: 6割の店に立ち退きを迫る市案の白紙撤回があってこそ前向きの協議が可能になる・・・桜山神社参道地区再開発計画:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/10/31 08:52) [ケノーベル エージェント]
盛岡市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 岩手大学の火事、紅葉と冠雪の岩手山 | トップページ | 水路の浚渫工事が始まります »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31