フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 日に日に反応が・・・朝立ち宣伝 | トップページ | 盛岡市が住宅リフォーム助成に1億円・・・2011年度当初予算案に計上 »

2011年2月15日 (火)

市田忠義書記局長迎えて演説会

 いっせい地方選まで2カ月を切った2月13日、県民会館大ホールで市田忠義書記局長を迎えて日本共産党演説会が開かれました。

P10409941  
 最初に、いっせい地方選挙の候補者が紹介され、県議候補の斉藤信県議(盛岡市区)、瀬川貞清県書記長(奥州区)、高田一郎候補(一関区)が、県議複数化を目指す決意を表明し、後半戦の市町村議の候補を代表して私も決意表明しました。
 私は、事務所にかかってきた「息子が8年間も半年雇用の期間工のまま働いている。正社員になれない・・・・」という女性からの電話を紹介するとともに、国保税引き下げを求める請願署名入りのビラを配布したところ早速、家族で署名して事務所に届けくれた方があったことを紹介。
 市民の悩み要求に「解決の道筋を示す」とともに、市民運動と結んで実現する「実行力」を持っている党地方議員の役割を訴え、県議選の勝利と市町村議選での全員当選をめざして頑張りぬく決意を述べました。


P10409911
 市田忠義書記局長は、菅民主党政権が進める「法人税減税」や「TPP交渉への参加」などについてその問題点を詳しく解明するとともに、日本共産党の綱領に示された改革の道筋を分かりやすく話しました。
 そして、地方自治体の役割について、市民アンケートの結果を紹介しながら「なにはさておいても住民の負担軽減の施策を講じることが必要」と強調して、岩手県が高すぎる国保税に対して一円の補助金も出さず、財産差し押さえの強化など国保税の取り立てを進めようとしていることを告発。
 また、大企業のリストラに対して、最後まで再雇用に責任を持たせるという全国にもない取り組みをさせてきた斉藤信県議の実績を強調し、県議選での3人の候補の全員当選と県都盛岡市議選をはじめとした後半戦の市町村議選で全員当選をと訴えました。

 この演説会には、明るい県政をつくる会から県知事選に立候補を表明した鈴木露通いわて労連議長が紹介されあいさつしました。また、岩手県農協中央会の長澤壽一会長、岩手生活協同組合連合会の加藤善正会長理事からメッセージが寄せられました。
 

« 日に日に反応が・・・朝立ち宣伝 | トップページ | 盛岡市が住宅リフォーム助成に1億円・・・2011年度当初予算案に計上 »

県・市政に福祉の心を」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市田忠義書記局長迎えて演説会:

» ケノーベルからリンクのご案内(2011/02/16 08:47) [ケノーベル エージェント]
盛岡市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 日に日に反応が・・・朝立ち宣伝 | トップページ | 盛岡市が住宅リフォーム助成に1億円・・・2011年度当初予算案に計上 »