フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« みんな被災者だ | トップページ | 燃料不足は深刻・・・娘に届けたい!被災地に届けたい! »

2011年3月16日 (水)

みんな被災者だ②

 昨晩向田氏の長男の遺体が戻ってきた。身長185㎝。長身の、そして眉の濃い、堀の深い美男の顔が、ゆがんでいた。どんなにか苦しかったことか。会社から勤続表彰を受け、中堅幹部として活躍しているさなか、どんなに無念だったかと思うと、あふれる涙をこらえることができなかった。

 少し、被災の時の様子が分かってきたという。地震が発生して、「逃げろ!」と声がかかった。同僚は、山の方へ向かったが、彼は反対の方へ向かってしまったというのだ。口をあけた怪物の、その口の中に自ら飛び込んでしまった。地理の不案内が、そのようにさせたのか。同僚は助かったということだから、なんとも無念でならない。

 葬儀等の相談をしている中で、「盛岡では18日まで火葬場が満員。その後は燃料がなく受け入れられない」と言う。となりの紫波町の火葬場では、被災者への対応として、通常の受付時間外で、午前8時と、午後4時に特別枠を設けて火葬してくれるという。

 その場から、被災者支援の観点から、盛岡市がこういう場合に支援する(委託もしくは援助)ことが緊急にできないかと、災害対策本部に電話で提案して検討を求めた。

 燃料不足は、火葬場だけではない。ゴミの収集もストップする。桜山参道界隈の商店街では、燃料がない、仕入れもできない、客も来ない存亡の危機だという。介護施設でも、燃料がなくサービスをストップしているところもある。市民生活も逼迫に向かっている。

 みんな被災者だ。この事態を受け、14日の議運で検討したの議会運営日程の変更については、さらに見直しが必要ではないかと、議運委員長に提案した。
 とにかく、非常事態への対応が必要だ。

 共産党関係では、心配されていた沿岸地方の党機関や議員の消息も確認しつつある。壊滅的な打撃を受けながら、必死の救援活動を続けている。
 救援募金運動を呼びかけて、取り組みを始めた。

« みんな被災者だ | トップページ | 燃料不足は深刻・・・娘に届けたい!被災地に届けたい! »

震災をのりこえよう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みんな被災者だ②:

« みんな被災者だ | トップページ | 燃料不足は深刻・・・娘に届けたい!被災地に届けたい! »