フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« みんな被災者だ② | トップページ | 被災者に「労災」適用を! »

2011年3月17日 (木)

燃料不足は深刻・・・娘に届けたい!被災地に届けたい!

 盛岡でも燃料不足は深刻だ。今朝(17日)7時頃、事務所前の除雪をしていたところ知り合いがやってきた。「トイレを貸してほしい」という。どうしたのだと聞いたら「ガソリンスタンドに向かって朝4時から並んでいる」「花巻市にいる娘が看護師をしている。重症の被災者を受け入れている病院だが、ガソリンがなく夜勤などに出勤できない。近くでは全く手に入らないということだから、自分が給油して娘に届けるのだ」という。

 良く見たら、渋滞している車は全く進まない。ドライバーが車から離れて無人の自動車が数台ある。1キロメートル以上も延々と連なっているのだ。まだ開店(予定)の前なのにだ。はたして、給油できたのだろうか。「自分も並んだ」という人の話では、結局店が開かなくて空振りだった、ということだ。

 別の市民の方から電話での相談があった。「大船渡の娘が灯油がなく困っている。スタンドにいったら、『許可証』がいると言われた。どこに行ったらもらえるのか・・・」と言う相談だった。その許可証発行が警察の管轄であることをお知らせしたが、はたしてその許可はもらえたかどうかはお返事をいただいていない。

 近くにある介護施設「茶愛(ちゃお)」を訪ねてお話をお聞きしたが。「現在は利用者さんを受け入れていますが燃料がいつまでもつかだ。」と言うことだ。

 ゴミの収集も中止だ。とにかく、燃料の確保は、市民生活にとっても、被災者への支援にとっても、もしかすると最も早急に解決されるべき課題になっているのではないか。 

« みんな被災者だ② | トップページ | 被災者に「労災」適用を! »

震災をのりこえよう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 燃料不足は深刻・・・娘に届けたい!被災地に届けたい!:

« みんな被災者だ② | トップページ | 被災者に「労災」適用を! »