フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 春の火災予防週間・・・火の用心 カチカチ | トップページ | 3月議会報告① 啄木から何を学ぶか »

2011年3月 3日 (木)

盛岡市が点字ディスプレーの支給対象の拡大へ

 盛岡市は、これまで「もうろう者」(視覚障害と聴覚障害を併せ持つ方)を対象としていた「点字ディスプレイ」の支給対象を、新年度から「視覚障害者」にも広げる方針を固めました。
 3月議会本会議が始まった3月2日、担当者から私その方向であることが伝えられました。
F10100721  点字ディスプレイは、点字の記録を紙ではなく機械にでき、パソコンとつないで情報のやり取りをすることができるすぐれもので、障がい者の方々への「日常生活用具」として給付されるものです。
 その支給対象について厚労省は、平成18年度から「もうろう者」に加えて「視覚障害者」もその対象にすることを示していました。

 盛岡市の要綱では、この対象について「もうろう者」と定めていたため、昨年申し込んだ視覚障害者が断られていました。お隣の矢巾町ではすでに支給対象になっていました。
 
 このことについて、昨年6月、日本共産党市議団と岩手県視覚障害者友好協議会(視友協)の皆さんが一緒に市に要望し、昨年の6月議会で、前向きに検討すると答弁をいただいていました。

 市では10台分を予算化し、新年度に周知期間を設けたうえで募集しする予定だとのことです。
 

« 春の火災予防週間・・・火の用心 カチカチ | トップページ | 3月議会報告① 啄木から何を学ぶか »

提案・要望実る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 盛岡市が点字ディスプレーの支給対象の拡大へ:

« 春の火災予防週間・・・火の用心 カチカチ | トップページ | 3月議会報告① 啄木から何を学ぶか »