フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« でこぼこ市道が舗装改良・・・斉藤県議と庄子市議の連携で | トップページ | 被災者支援と復興へ新たな決意~宮城県北を見舞って »

2011年4月26日 (火)

党市議団が震災対策で市に申し入れ(第2次)

 4月22日、共産党盛岡市議団は市の対策本部長谷藤裕明市長にあてて東日本大震災対策で第2次の申し入れを行いました。申し入れには党市議団5人全員が参加し、細田副市長・災害対策本部副本部長が応対しました。

P10503531  申し入れは、これまで党市議団に寄せられた被災者の方々からの要望などを踏まえて、①被災住民が民間アパートに入居する際に、入居費用・家賃等の補助を急いで実施し、すでに入居している方に対しては、遡及して補助を実施すること。②被災地から盛岡市へ避難している児童生徒に対して、学用品の支給・入学費用の援助など早急に検討し実施すること、③盛岡市の個人住宅等にも損壊の被害が発生していることから、損壊した家屋等に対する緊急補助制度を実施すること、④市内の中小企業等の経営にも影響を受けていることから、資金対策をはじめとした支援を強化すること。あわせて雇用・生活のための相談窓口を開設して相談に応じること、⑤被災者への各種支援制度をわかりやすくまとめてパンフレットを作成し、被災者及び市民に配布すること などの5点です。

 この申し入れは、党市議団が発行した「市議団ニュース」(3月議会報告)に掲載した「被災者が活用できる各種制度)を見た市民から寄せられた相談などをもとに行ったものです。

 細田副市長は、「民間アパートなどへの入居支援は25日から市役所一階のホールで相談窓口を設けて対応する、すでに入居した方に対しても遡及して対応する」「市内に転入した児童制とは現在133人だ。支援も検討中」などと答えました。

 

« でこぼこ市道が舗装改良・・・斉藤県議と庄子市議の連携で | トップページ | 被災者支援と復興へ新たな決意~宮城県北を見舞って »

震災をのりこえよう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 党市議団が震災対策で市に申し入れ(第2次):

« でこぼこ市道が舗装改良・・・斉藤県議と庄子市議の連携で | トップページ | 被災者支援と復興へ新たな決意~宮城県北を見舞って »