フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 見前小、見前中の入学式にも被災地からの児童・生徒~盛岡市内には107名が転入 | トップページ | 東日本大震災1か月・・・盛岡で募集した市営住宅・雇用促進住宅は応募者が9・9倍 »

2011年4月 8日 (金)

M7・4 余震が、被災地域を震え上がらせた

 4月7日午後11時32分。激しい揺れにたたき起こされた。 M7・4 最大震度6強(栗原市など)、盛岡でも一部で5強のはげしい地震が起きた。  (写真下:市役所都南総合支所の時計は、地震発生後の停電で止まったまま)

P10503301_2 3月11日の巨大地震の余震だということだが、M7・4は、あの阪神淡路大震災の規模を超える規模である。これでまた津波が来たら・・・家屋倒壊、その他の被害はどうか・・・・背筋が寒くなる思いだった。すぐに停電になったことから、ラジオのニュースにしばらく注意していたが、やがて津波警報も注意報も解除されたということで一安心した。

 朝、地域を回ったあと、見前小学校、見前保育園を訪問して地震の被害状況を確認。見前小学校では、当初から午前授業の予定だったがその通り授業が行われていた。


 見前保育園でも保育は行われていたが、児童は通常の4分の1ぐらいだということだった。

P10503181
 ただ見前保育園では、この前の大地震とその後の続く余震の影響か、園舎のあちこちに亀裂が走り、その亀裂が大きくなっているということであった。
  
(写真下:柱に大きく走った亀裂)
P10503221
 その後、盛岡南消防署、都南総合支所、教育委員会などまわり被害状況について聞き、市議団会議へ。盛岡市役所では、受水槽に問題が出て、トイレが使えない状況となっていた。停電の影響で4700戸が断水。このまま続けば断水が広がる危険があり、電気がいつ通るかということが大きな課題となった。
 
 停電によって、自家水道のポンプが動かず、生活水に困る家庭も生まれた。市の災害対策本部では、給水車の配車は市水道が断水となった地域になるので、その他のところでは当面、児童公園の水道などから給水してほしいとのこと。
 地元の三本柳でも、それでお困りの世帯があることから、早速宣伝カーを仕立てて「児童公園の水道が使えます」と広報して廻った。間もなく何人かの方が公園にやってきて、「助かりました」と水をくんでいった。
 はたして、何時頃までこの停電が続くのかと心配していたが、午後3時過ぎには通電して一安心。

 ニュースでは、この停電で各地の原発への影響が報道されていた。「原発の冷却装置への電源喪失」という問題は、福島原発の事故でことの重大性が広く知られるようになったものだ。

 原発事故についていえば、インターネットで、4月6日の衆議院経済産業委員会での吉井英勝議員の質問の動画を見たが、改めて「人災」をもたらした東電・政府の対応に怒りを感じた。
 

« 見前小、見前中の入学式にも被災地からの児童・生徒~盛岡市内には107名が転入 | トップページ | 東日本大震災1か月・・・盛岡で募集した市営住宅・雇用促進住宅は応募者が9・9倍 »

震災をのりこえよう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: M7・4 余震が、被災地域を震え上がらせた:

« 見前小、見前中の入学式にも被災地からの児童・生徒~盛岡市内には107名が転入 | トップページ | 東日本大震災1か月・・・盛岡で募集した市営住宅・雇用促進住宅は応募者が9・9倍 »