フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 党市議団が震災対策で市に申し入れ(第2次) | トップページ | 石を割って見事な花を!~盛岡の石割桜が満開 »

2011年4月26日 (火)

被災者支援と復興へ新たな決意~宮城県北を見舞って

 東日本大震災発生から1か月を経過した4月半ば、岩手県南から、郷里である宮城県北の被災地を訪問し、見舞ってきました。庄子の郷里は宮城県の登米市。津波の直接的な被害を免れ、となりの南三陸町などから避難者を受け入れています。少し時間がたちましたがレポートします。

 14日朝盛岡市を出て、大船渡市から南に向かいました。大船渡市内では、津波に破壊された時計が、まさにその時を示したままでした。Dsc052831
 陸前高田市では、地盤沈下で高田球場が海の中。
Dsc053011
 気仙沼では陸地に乗り上げた大型船があちこちにあり、
Dsc053671
 JR気仙沼線で線路が津波でめくれ上がっていました。
P10300561
 気仙沼から南三陸町への国道45号は寸断され、山道を通って南三陸町に入ると破壊しつくされた南三陸町の町並み、小さい頃遊んだ記憶のある志津川の変わりように絶句しました。
Dsc054071

Dsc053861
 改めて、この震災の大きさを思うとともに、被災者支援と復興へ決意を新たにしました。

« 党市議団が震災対策で市に申し入れ(第2次) | トップページ | 石を割って見事な花を!~盛岡の石割桜が満開 »

震災をのりこえよう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 被災者支援と復興へ新たな決意~宮城県北を見舞って:

« 党市議団が震災対策で市に申し入れ(第2次) | トップページ | 石を割って見事な花を!~盛岡の石割桜が満開 »