フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 11市町村の牧草の放射性物質調査結果・・・いずれも基準値下回る | トップページ | 大震災のさなかに進む「改憲」への危険な動き~「9条を守れ」の声を大きくしよう »

2011年5月21日 (土)

9日間で1000件の枠に到達・・・盛岡市の住宅リフォーム事業の申請

 盛岡市の「住宅リフォーム助成制度」(30万円以上の工事に対して、10万円分の商品券を支給する「個人住宅改良支援商品券交付事業)は、5月2日から申請受付が始まって、17日には、1000件の枠に到達してしまいました。

 この間の申請状況では、工事費総額は約8億8,400万円。8.8倍の工事額となっています。平均工事額:約89万1千円で、最も大きい工事は約1,360万円の工事となっているということです。

 工事内容の特徴:屋根に関連する改良(塗装,葺き替えなど)が約450件,関連して雨樋や雪止め等の工事(修理,新設など)が約210件,外壁の工事(塗装,張替えなど)約240件,台所・風呂・トイレの工事が約160件,ベランダや玄関周りが約50件・・・などです。

 一方工事施工業者別では、株式会社 484件,有限会社形態 291件 個人事業主と思われるもの(一人親方含む。)91件、会社形態か個人事業主か不明なもの 126件となっていますが、本社の所在地別(盛岡市に本社があるのか、市外に本社がある事業者か)については、調査を依頼しているところです。

 受付から9日間で、当初の枠(1000件)に到達してしまったということは、市民にとっても歓迎されている事業であることを示しています。また、市の補助金の8.8倍の工事総額になっており経済効果も証明されました。

 共産党市議団は、11日に市長に申し入れをしましたが補正予算を組んで枠を拡大することが求められています。



« 11市町村の牧草の放射性物質調査結果・・・いずれも基準値下回る | トップページ | 大震災のさなかに進む「改憲」への危険な動き~「9条を守れ」の声を大きくしよう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 11市町村の牧草の放射性物質調査結果・・・いずれも基準値下回る | トップページ | 大震災のさなかに進む「改憲」への危険な動き~「9条を守れ」の声を大きくしよう »