フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 国保税の延滞金「減免規定を検討する」~10月議会報告⑪ | トップページ | 仙台市で、宮城県議選の応援に »

2011年11月 2日 (水)

実態と合わない公衆街路灯~10月議会報告⑫

 盛岡市の町内会が管理している公衆街路灯が、東北電力が発行している「一覧表」に掲載されている内容と実際に設置されている街路灯について、市が抽出調査を行った結果、3割が実態に合っていないという結果になりました。公衆街路灯の電気料は、東北電力が発行している一覧表によって町内会に請求し、町内会が支払ってその全額を盛岡市が町内会に補助する制度となっています。

市民からの問題提起で庄子議員が調査を求める

 2009年12月議会で庄子が「ある町内会で調べたところ、請求と実態が合わず過大な請求になっていたという事例が寄せられた。電気料は全額市の補助になっていることから、実態把握をして必要であれば是正をすべきだ」と提起。市はこれを受けて20010年調査をしました。

931灯中300灯で相違

 市は昨年度、11町内会の931灯(全体灯数18,407灯の5.06%)を調査しました。その結果、一覧表との相違があった街路灯は300灯で、調査した街灯の32.2%になりました。

電気料の過大な支払の可能性大・・・全体調査で適正な内容に

 この結果は、電気料金が過大に支払合われている可能性を示しています。庄子は、決算審査の総務常任委員会で、「3割もの実態と違いがあれば、全体ではは相当数に上るのではないか。これを受けて市はどう対応するか」と質しました。

 市の担当課長は、「町内会全体に、調査をお願いし、全体を調査したい」と答えました。

« 国保税の延滞金「減免規定を検討する」~10月議会報告⑪ | トップページ | 仙台市で、宮城県議選の応援に »

議会の報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実態と合わない公衆街路灯~10月議会報告⑫:

« 国保税の延滞金「減免規定を検討する」~10月議会報告⑪ | トップページ | 仙台市で、宮城県議選の応援に »