フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 福島原発事故・「二重の人災」に改めて怒り~岩手革新懇講演会で吉井英勝衆議院議員が講演 | トップページ | TPP参加阻止!  昼デモに参加 »

2011年11月 7日 (月)

防災訓練

 11月6日(日)我が見前ニュータウン自主防災隊の防災訓練を行いました。4回目となる今年の訓練は、3月11日の東日本大震災を経験したことを受け、より実践的な訓練にしようと倒壊建物からの救出訓練や、火災建物からの脱出を想定した煙訓練なども準備しましたが、あいにくの雨天のため、一部計画を縮小して実施しました。
 「震度6に地震発生し、火災と建物の倒壊が発生し、避難勧告が出された」という想定で、自主防災隊が招集され、①最初に119番通報の訓練 ②住民へ避難勧告が出されたことの情報伝達防と安否確認 ③要援護者への避難支援 ④団地内の災害情報収集 などの訓練が行われました。
 避難訓練が終了した後、集会所を会場に、倒壊建物からの救出、毛布と物干し竿を使ったと「応急タンンカ」の作り方の実演、消火器の使い方などについて南消防署の方を講師に学びました。

P10609071
 その後、AEDを使った心肺蘇生法の訓練を南消防署の救急救命士を講師に実演つきで学びました。
P10609141

 

 参加者からは、「身に金属をつけている場合AEDを使えるか」「身内以外の場合、人工呼吸をためらってしまう」などの質問も出され、救急救命士の方から詳しく答えていただきました。
 全体終了後、新しく開発された、投げ込む式の消火器と、天ぷらなべなどの火災を消す、スティック状の消火剤について、開発者の方から実演をしていただき、その効果をっ見せていただきました。

P10609181
  あいにくの雨の中ではありましたが、100人を超える参加者がありました。また、盛岡南消防署、盛岡消防団21部、盛岡市地域福祉課、盛岡市社会福祉協議会のみなさん、三本柳南町内会の役員のみなさんもご出席いただき、ご指導・激励をいただきました

« 福島原発事故・「二重の人災」に改めて怒り~岩手革新懇講演会で吉井英勝衆議院議員が講演 | トップページ | TPP参加阻止!  昼デモに参加 »

地域の話題」カテゴリの記事

コメント

通報について
 停電などで携帯・電話が使えない状態も考えられます
あまり触れられないようですが、停電した時に固定電話の振る舞いに違いがあります
 我が家の電話機はファックス兼用で停電になると全く使えないタイプです
機能が制限されても通話は出来るもの
停電とは無関係なもの
・・・と三種類に分けられそうです
災害で困る前に確認しておいた方が良いと思います
 予備として電源を使わないタイプの電話機を用意してあります
留守電すら付いていないシンプルなものです
魔法の電話ではなくて、『黒電話』と同じく電話回線の電気を電源にしているだけですが

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 防災訓練:

« 福島原発事故・「二重の人災」に改めて怒り~岩手革新懇講演会で吉井英勝衆議院議員が講演 | トップページ | TPP参加阻止!  昼デモに参加 »