フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 防災訓練 | トップページ | ガードレールが設置されました »

2011年11月 9日 (水)

TPP参加阻止!  昼デモに参加

 11月8日は、TPP阻止への全国一斉行動日でした。東京では、「TPPから日本の食と暮らし・いのちを守る国民集会」(実行委員会主催)が、両国国技館で6,000人が参加して開かれました。
 盛岡ではこの集会に呼応して11・13県民大集会実行委員会による昼デモが、100人を超える参加で行われ、私も参加しました。

 
P10609231 デモは、県庁・市役所の通り(中央通)から、大通り商店街を一回りし、「TPP交渉参加反対!」のシュプレヒコール。

 東京の集会には、農林漁業、医療関係者、消費者、地方議会など各界から参加したほか、国会議員も各党jから多数参加したということです。
 これほどの反対運動の中で、民主党は、野田内閣はTPP交渉参加に踏み切るのか。
 もしそうなら、やはり、財界とアメリカの「使い走り」だというほかはありません。

 今日(11月9日)付けの「岩手日報」紙の「論説」には、TPPで、「漁業補助金の原則禁止」となったら、県内で111漁港のうち108港で壊滅的な被害を受けた岩手の漁業の復旧復興に重大な支障となる と指摘し「慎重な検討を望みたい」と指摘しています。
 大震災からの復旧・復興の足かせになるTPPは、絶対許されないものです。

 

« 防災訓練 | トップページ | ガードレールが設置されました »

コメント

 仰りたい事は理解しています。反論では無い事を前置きします
 
 賛成派には「猶予期間があるし、交渉しだいでは除外の可能性もある」として、切り捨てられるでしょう
最悪ならば、庄子市議がこじ付けや大げさな事を言っているとされ努力が無駄になってしまうかも知れません
 「TPPに参加すれば世界情勢に合わせて漁業補助金は乱獲を助長するとして原則禁止になるのは確実と思われる」
「猶予期間中に復興は終らない可能性が高い」などを押さえてほしかったと思います
賛成派の意見にも耳を傾け、反論を考慮に入れた声を上げるべきだと思います
 
 私は賛成でも反対でもなく、正しい判断によって決められるべきと思っています
「論説」ですらも猶予期間に触れておらず、賛成・反対の双方に誤解を与える内容に見えてしまいます
誤解を排除した真実が語られるべきだと思うのです
世論が捻じ曲がってしまえば、国民の本当の声が反映されないと思うのです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TPP参加阻止!  昼デモに参加:

« 防災訓練 | トップページ | ガードレールが設置されました »