フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 2011年12月議会報告②~市内への避難者3155人!支援強化を! | トップページ | 2011年12月議会報告④~高齢者の生活実態は介護保険料値上げに耐えられない! »

2011年12月12日 (月)

2011年12月議会報告③~野田政権の政治をどう見る

  12月市議会の一般質問では、続いて野田内閣の政治に対する市長の見解を質しました。

  「『政権交代』して2年あまりで首相が3人目。首相が変わるたびに有権者の期待を裏切り、野田内閣になって政権交代前よりもっと悪い政治なっているのではないか」と指摘して、「子供手当」の見直しなどのマニフェスト投げ捨て、TPP加入に向けた協議参加表明、「社会保障と税の一体改革」、沖縄普天間基地移設問題での防衛局長発言問題などについて市長の見解を質問しました。


「子供手当」見直しで盛岡市で7億円の給付減

  民自公の「3党合意」で民主党が政権公約(マニフェスト)の目玉の一つであった「子供手当」を見直すことになりました。

  来年度の盛岡市財政に関する私の質問への答弁で、澤田財政部長は「24年度の財政見通しは、23年度当初予算比でマイナス3.4%を見込んでいる」と答え、その主な問題として、震災による市税収入の落ち込みと、子供手当見直しによる国庫負担がマイナス1・3%が見込まれることを明らかにしました。 

  市財政課によれば、子供手当の支給総額で年間約7億円が削減されることになるということです。

沖縄防衛局長の暴言・・「聞くに堪えられない、憤りを感じる」

 沖縄の普天間基地「移設」に関する、前沖縄防衛局長の暴言について、庄子が「沖縄うるま市とも交流の深い盛岡市の市長としてどう受け止めるか」と質問。

 谷藤市長は「聞くに堪えない沖縄県民への侮蔑の表れであり、政府の沖縄に対する姿勢そのものが問われかねない」「うるま市にも米軍施設が多くある。うるま市の皆さんも政府の姿勢に憤りを感じ心を痛めている。同じ思いだ」と答えました。

« 2011年12月議会報告②~市内への避難者3155人!支援強化を! | トップページ | 2011年12月議会報告④~高齢者の生活実態は介護保険料値上げに耐えられない! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年12月議会報告③~野田政権の政治をどう見る:

« 2011年12月議会報告②~市内への避難者3155人!支援強化を! | トップページ | 2011年12月議会報告④~高齢者の生活実態は介護保険料値上げに耐えられない! »