フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 「まめだすか」100号記念して「新春の集い」 | トップページ | 工事代金詐欺容疑で市職員逮捕・・・「水増し」契約と支払にチェック機能働かず »

2012年1月31日 (火)

いよいよ「一部損壊」住宅の補修費等への補助がスタート・・・1月臨時議会で補正予算

 1月30日、盛岡市議会臨時議会が開かれました。生活再建住宅支援事業など、総額約1億9千万円の補正予算が成立しました。

 
「一部損壊」「半壊」住宅補修へも補助

 生活再建住宅支援事業は、東日本大震災により被災した住宅の再建や補修への支援を行う事業で、①新築や補修の際のローンの利子補給を行う「災害復興住宅融資利子補給」(2重ローンの利子含む) ②「一部損壊」「半壊」住宅の補修工事等に対する補助を行う「被災住宅補修工事費補助」 ③被災宅地復旧補助 の3種類があります。実施主体は市町村ですが、昨年12月岩手県議会で予算化され全額県の補助事業です。

「住宅補修」に加え、「耐震改修」「バリアフリー改修」「県産材使用改修」など・・最大170万円まで

 今回の事業では、国の支援制度の対象外となっている「一部損壊」「半壊」の住宅補修工事への補助(10万円以上の工事が対象。補助率1/2 補助限度額30万円)が行われるほか、耐震改修(補助率1/2 限度額60万円)、バリアフリー改修( 同 )、県産材使用改修(補助率1/2 限度額20万円) が補助対象となり、単独または組み合わせで補助が受けられます。(最大補助額・・・それぞれの補助限度額の合計 170万円)

盛岡市の「一部損壊」は710棟(1月21日現在)・・共産党市議団が独自の支援を求める

 半壊・一部損壊は国の「被災者生活再建支援制度」などの対象外で、共産党市議団は昨年の被災直後から独自の支援制度をと提案・要望していました。
 盛岡市内における住宅への被害状況は、時間がたつにつれて増え、1月21日現在で、「全壊」1棟、「大規模半壊」1棟、「半壊」10棟、「一部損壊」710棟となっています。

 

 

« 「まめだすか」100号記念して「新春の集い」 | トップページ | 工事代金詐欺容疑で市職員逮捕・・・「水増し」契約と支払にチェック機能働かず »

議会の報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「まめだすか」100号記念して「新春の集い」 | トップページ | 工事代金詐欺容疑で市職員逮捕・・・「水増し」契約と支払にチェック機能働かず »