フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 寒風の中、「消費税大増税ストップ! 社会保障充実、財政危機打開の提言」の訴え | トップページ | 津波被害の建物解体~復旧と「復興」が同時進行 »

2012年2月18日 (土)

1月に続き宮古市へ支援物資「青空市」

 2月18日、宮古市で被災者支援の「青空市」を行い、一月に続き参加してきました。今回は宮古市のホテル海幸園さんのご協力をいただき、前庭とロビーをお借りしました。
 早朝、盛岡市中央卸売市場で丸モ青果さんから白菜・大根・人参を200人分仕入れ、また盛岡青果さんからデコポン20個入り10ケースをご寄付していただきました。
F10103021
 そのほか党内外から寄せられた支援物資(缶詰、せんべい、布団、毛布、食器類、本、衣類等々)、寄せられたカンパで購入した大人用おむつなど、箱形の2tトラックに積み込んで盛岡から8時過ぎに出発。
 10時30分過ぎに現地に到着するとすでに、10数人の方が並んでいました。(現地の宮古地区委員会では、『12時30分から配布開始』のチラシを配布)
 盛岡から参加したボランティアスタッフ16人と現地のボランティア合わせて25人のスタッフで、野菜・食品の袋への小分けや、衣類、その他の物資の準備など、開店準備が終わったのは12時ころでした。青空が見えたり、ときおり小雪がちらつくという中、冷たい風の吹く厳しい寒さの中でしたがすでに180人あまりの方が並んで待っていました。
P10708531
 
 開店すると、子供の衣類、食器など、お目当てのものを探して手に取り「助かります」「ありがとう」と感謝の言葉をいただきました。
P10708681
約30分でほとんどの物資はほとんどなくなってしまいました。食器やお目あてのものを探している被災者の皆さんの様子を拝見して、厳しい生活を送っている被災者の皆さんへの支援はますます必要だということを実感してきました。

 
 

« 寒風の中、「消費税大増税ストップ! 社会保障充実、財政危機打開の提言」の訴え | トップページ | 津波被害の建物解体~復旧と「復興」が同時進行 »

震災をのりこえよう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月に続き宮古市へ支援物資「青空市」:

« 寒風の中、「消費税大増税ストップ! 社会保障充実、財政危機打開の提言」の訴え | トップページ | 津波被害の建物解体~復旧と「復興」が同時進行 »