フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 2月前半の駆け歩き③・・・復興対策特別委員会が視察~その1~ | トップページ | 寒風の中、「消費税大増税ストップ! 社会保障充実、財政危機打開の提言」の訴え »

2012年2月14日 (火)

城東9条の会結成6周年のつどい・・オープニングでオカリナ演奏

 2月11日午後、盛岡市内の城東中学校区の「城東9条の会」が結成6周年を迎える記念の集いが行われ、オープニングでオカリナを演奏しました。
 今回の演奏では、同会の運営委員の平野さんと一緒に「春をかんじて」(春が来た~花~さくらさくら~春の小川のメドレー)と「ふるさと」を2重奏で演奏。そして私のソロで「鳥の歌」(パブロカザルス)を演奏しました。

P10707792 伴奏・編曲はいずれも三重県在住の中北利男さんによるものです。
(「中北音楽研究所」のホームページをぜひご覧ください)

 「鳥の歌」は本来、チェロとピアノが生で、互いの呼吸を計りながら演奏する曲です。当初、2月5日の「都南9条の会」の集いで、ピアノの生演奏が行われ、その際に共演したいと思っていました。それができなくなり、今回の集いでどうしても取り上げたいとの思いから、中北さんにお願いしたところ、とても素敵な、そして原曲の雰囲気をそのままにして伴奏CDを作ってくださいました。
 練習時間が少なくて十分満足した演奏とはいかないのがいつものことですが、なんとか演奏することができました。

P10707811
 記念講演では、岩手大学元教授で日本科学者会議会員の佐藤信安さんが「原発の今、そしてこれから」~食べ物や水の汚染は、そして子供たちの安全は~とのテーマで講演し,福島原子力発電所の事故の原因を明らかにしながら原発技術が未成熟であることや、放射能汚染の実態と影響、食の安全への対策について詳しくお話ししました。そして原発からの撤退の可能性を解明し、今後さらに世論と運動を広げようと呼びかけました。

« 2月前半の駆け歩き③・・・復興対策特別委員会が視察~その1~ | トップページ | 寒風の中、「消費税大増税ストップ! 社会保障充実、財政危機打開の提言」の訴え »

オカリナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2月前半の駆け歩き③・・・復興対策特別委員会が視察~その1~ | トップページ | 寒風の中、「消費税大増税ストップ! 社会保障充実、財政危機打開の提言」の訴え »