フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 1月に続き宮古市へ支援物資「青空市」 | トップページ | 学習会の講師をして一緒に学ぶ~TPP、税と社会保障の一体改改悪 »

2012年2月20日 (月)

津波被害の建物解体~復旧と「復興」が同時進行

 宮古市の「青空市」(18日)の会場となった海幸園は、宮古魚市場のすぐ近くにあり、「青空市」がひと段落して少し海辺に足を延ばしてみたところ、2つの光景に出合いました。
 最初に目についたのは、魚がぐるぐる回っている光景でした。 
(写真下)

P10708731 
 サンマの丸干しを作っているのです。段々つるしたさんまを回転させて乾燥させ、さらに天日で乾かしているのでした。 
(写真下)
 近くで作業している方にお話をお聞きすると、昨年秋のサンマ漁から、丸干しの事業を再開した、ということでした。昼休みを終えて作業に戻った女性の方にも声をかけてみましたが、働く喜びというようなものを感じる、とても明るい声で応じて下しました。
P10708801
 その工場のすぐ先で見かけたのが、建物の解体作業の光景でした。(写真下)
 その建物がどのような施設であったかは定かではありませんが、漁業・水産関係の建物であったはずです。

P10708821
 まさに、「復興」と「復旧」が同時進行で進んでいる現状です。今年を本当に「復興元年」にしなければならないとの思いを強くしてきました。

« 1月に続き宮古市へ支援物資「青空市」 | トップページ | 学習会の講師をして一緒に学ぶ~TPP、税と社会保障の一体改改悪 »

震災をのりこえよう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 津波被害の建物解体~復旧と「復興」が同時進行:

« 1月に続き宮古市へ支援物資「青空市」 | トップページ | 学習会の講師をして一緒に学ぶ~TPP、税と社会保障の一体改改悪 »