フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 2012年3月市議会で代表質問に立ちました~その1~TPP、消費税について市長も踏み込んだ見解を示す | トップページ | 盛岡市パークゴルフ協会の総会へ出席 »

2012年3月 4日 (日)

2日連続で消費税増税反対の宣伝署名行動

 3月4日は、午前9時半から共産党の都南中央支部の皆さんと、消費税増税反対の宣伝署名行動に参加しました。この行動は昨日(3日)に続いて行ったものです。ハンドマイクで増税反対の訴えをしながら、地域を戸別訪問して署名を訴えました。

 2日間で、ハンドマイク宣伝は合計13か所で行い、署名は40筆のご協力をいただき、地域後援会で発行している後援会ニュース「まめだすか」の読者が19人増え、また2人の方が新たに「しんぶん赤旗日曜版」を購読して下さることになりました。

 市民の皆さんと消費税増税問題でお話していくつか感じさせられました。

 一つは、市民の皆さんは消費税増税で「暮らしが大変になる」と感じていることです。
 同時に、市民の方は「将来の子どもたちに借金を負わせられない。財源は?」と心配し、知りたいと願っているということです。
 今日の行動でも。「待っていました」というように歓迎してすぐ署名してくださる方も多かったのですが、「増税は困るが、どう考えたらよいか・・・」という方もいました。
 「財政が大変だから・・・といって消費税を増税しても実際には国の税収は減っていますよ」とお知らせすると、みなさんは意外な顔をされます。
 「3%から5%に引き上げられてから景気が悪化し、GDPも500兆円台から400兆円台まで大きく落ち込んで深刻な経済状態ですよ」と説明すると「400兆円台まで・・そこまでとは知らなかった・・」という反応です。

 日本共産党の提言(2月7日)で示した、財源対策の提案は、市民のみなさんの間にある「消費税は困る」「しかし財源をどうすればいいの?」という疑問に、見事に答えるものになっている実感しました

 

 
 

« 2012年3月市議会で代表質問に立ちました~その1~TPP、消費税について市長も踏み込んだ見解を示す | トップページ | 盛岡市パークゴルフ協会の総会へ出席 »

駆けある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2日連続で消費税増税反対の宣伝署名行動:

« 2012年3月市議会で代表質問に立ちました~その1~TPP、消費税について市長も踏み込んだ見解を示す | トップページ | 盛岡市パークゴルフ協会の総会へ出席 »