フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 間違った「診断」に間違った「処方箋」・・野田内閣の税と社会保障「一体改悪」 | トップページ | 盛岡にもようやく春がきました »

2012年4月25日 (水)

暴風被害へ、市の支援を・・・共産党盛岡市議団が市に申し入れ

 4月25日、日本共産党盛岡市議団は、盛岡市長に対して「4月3・4日の暴風災害の支援に関する申し入れ」を行いました。 4月3日から4日にかけて発達した低気圧の通過に伴って東北地方に強風が吹き荒れ、盛岡市内でも多くの被害が発生しました。
 市の消防防災課が把握している被害状況は、負傷者2人、道路等の被害45件、市有施設72件、家屋等被害19件、農業施設120件、などとなっています。
 庄子にも東見前、三本柳、西見前の方から、「屋根が飛ばされた」との相談・情報が寄せられました。
 これらの被害状況を受けて、共産党盛岡市議団は、盛岡市に対して暴風被害の被災者への支援を行うよう申し入れしました。

P10800831

 申し入れた項目は、次の3点です。

①住宅の被害の復旧に対して、現在盛岡市が実施している、あるいは実施を予定している住宅関連の支援事業を拡充して支援すること。若しくは新しい制度を実施して支援すること。
②農業施設への被害に対して、支援を行うこと。
③小規模災害見舞金制度をはじめ、市の災害時の支援制度全体を見直し拡充すること。

 応対した佐藤副市長は、検討すると答えました。

« 間違った「診断」に間違った「処方箋」・・野田内閣の税と社会保障「一体改悪」 | トップページ | 盛岡にもようやく春がきました »

市議会議員として」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暴風被害へ、市の支援を・・・共産党盛岡市議団が市に申し入れ:

« 間違った「診断」に間違った「処方箋」・・野田内閣の税と社会保障「一体改悪」 | トップページ | 盛岡にもようやく春がきました »