フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 市総合防災訓練に自主防災隊として参加 | トップページ | 9月議会で一般質問② ~生活保護受給者の「孤独死」検証を! »

2012年9月11日 (火)

9月議会で質問①~「維新八策」をどう見る?

 9月10日、盛岡市議会9月定例会で一般質問にたちました。質問項目は、市長の政治姿勢、税と社会保障の一体改革、震災復興支援、学校の耐震化計画などを取り上げました。
201209102
  市長の政治姿勢では、橋下大阪市長率いる「維新八策」について市長の見解をただしました。
 橋下市長が2005年に出した本の中で「示談交渉で・・・有利な条件で交渉をまとめる上げるためには黒を白と言わせるような、レトリックも使っていく。詭弁を弄してでも・・・場合によっては“言い訳”や“うそ”もありだ」と堂々と書いているということです。(小松公生氏)
 私は、橋下氏の「維新八策」が、「何か国民に希望を当てるものを打ち出しているか」「小泉構造改革の2番煎じ、3番煎じではないか」と指摘。具体的には、雇用政策で、「解雇規制の緩和を含む労働市場の流動化」を掲げていること、「消費税の地方税かと地方交付税の廃止」、「地方自治体の破たん制度の確立と、道州制」などについて谷藤市長の見解をただしました。

 谷藤市長は、「維新八策」について「個々の政策の具体性が欠け、政策実現への過程や根拠が見えない。全体として国と地方のはっきりした将来像が見えない」と評価しつつ、雇用政策については「安定した雇用の確保は最優先課題だ」と答えました。
 また、地方制度に関しては「地方交付税の廃止は、大都市と地方都市との格差拡大が懸念される」と答えました。 

« 市総合防災訓練に自主防災隊として参加 | トップページ | 9月議会で一般質問② ~生活保護受給者の「孤独死」検証を! »

議会の報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月議会で質問①~「維新八策」をどう見る?:

« 市総合防災訓練に自主防災隊として参加 | トップページ | 9月議会で一般質問② ~生活保護受給者の「孤独死」検証を! »