フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 9月議会で質問①~「維新八策」をどう見る? | トップページ | 被災者支援~介護保険、国保医療費一部負担減免を継続  9月議会報告③ »

2012年9月12日 (水)

9月議会で一般質問② ~生活保護受給者の「孤独死」検証を!

 盛岡で生活保護を受けている、障害を持っている30歳代の男​性が孤独死していた問題をとりあげました。

 昨年9月から入院治療​中だったこの方が、今年の2月9日、市の担当者から、「入院6ヶ​月を過ぎると住居費が出なくなることもある」と伝えられ、2月1​8日に自ら申し出て退院。12月には「まだ数ヶ月の入院が必要」​と言われていたのに、そして盛岡の2月といえばとても厳しい寒さ​の中退院してしまったのです。その後2月28日には市役所に行く​予定だったが市役所には来ず、3月2日になって友人が、コタツの​中で苦しんだ様子で亡くなっている彼を発見。急性心臓死というこ​とです。

 「退院しなければ住居費が出なくなる・・・」と思い込んだので​はないか。9ヶ月までは延長できるということが伝えられていなか​ったのです。
もし伝えられており、彼の病状に見合った形でケースワーカーから​の適切なアドバイスがあったら、無理して退院することもなかったし、苦しんで孤独死することもなかっ​た。とても残念なことです。
 二度とあってはならないことです。こ​の事件を検証して欲しいと質問しました。
 
 保健福祉部長は「被保護者の個々の状況に応じた説明のあり方な​ど見直すべき点もあり、検証を通じて今後の指導に生かしたい」と​改善を約束しました。
 
 それにしても、「個々の状況に応じた」対応をするためには、ケ​ースワーカーが少ない。国の基準では1人あたりの世帯数は80世​帯なのに、盛岡では平均99世帯。勢い、高齢者や病院や施設への​入所者には対応が薄くなっているのです。
 
 折しも人気タレントの母親の生活保護受給の報道を契機にこれま​で以上に生活保護バッシングが行われ、来年度予算で「10%削減​」「扶養の義務化」などとエスカレートしています。
 

 生活保護受給者が増えている要因は貧困の拡大にあるのです。そ​れに手も打たずに生活保護バッシングは本末転倒であり、憲法25条​の否定です。

 生活保護は国民の権利であり、ケースワーカーは、そのサ​ポーターであるという立場に立って欲しい。生活保護バッシングと​改悪は許されない!の思いで今回の質問を行いました。

« 9月議会で質問①~「維新八策」をどう見る? | トップページ | 被災者支援~介護保険、国保医療費一部負担減免を継続  9月議会報告③ »

議会の報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月議会で一般質問② ~生活保護受給者の「孤独死」検証を!:

« 9月議会で質問①~「維新八策」をどう見る? | トップページ | 被災者支援~介護保険、国保医療費一部負担減免を継続  9月議会報告③ »