フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 衆議院が解散! 歴史を開く総選挙へ・・夕方街頭宣伝 | トップページ | 盛岡市議会初の「議会報告会」開く »

2012年11月19日 (月)

市域の3分の一が米軍施設・・宜野湾市視察

 会派視察報告の続きです。11月14日午後、宜野湾市を訪問しました。視察項目はズバリ「基地対策」。沖縄中が反対しているのに配備が強行されたオスプレイ。「世界一危険」な普天間基地に、世界一危険な欠陥オスプレイが配備されたのです。
 (写真下は、普天間基地に着陸しるオスプレイ。宜野湾市役所屋上から16時ころ撮影)Dscf21101 墜落の危険、騒音被害、そして繰り返される米兵犯罪。米軍基地の重圧のもとで、いかに市民の生命を守るか、基地の存在が妨げている街づくりをどう進めるか。基地問題は市政の重要課題となっています。

 宜野湾市役所を訪れた最初に目にしたのが。庁舎に掲げられた横断幕です。Dscf20981 そして市役所内のロビーでも。Dscf21041 
 

Dscf21021 市民あげて、党派を超えての危機意識、怒りの叫びが聞こえる思いでした。

 宜野湾市のど真ん中に、市の面積の4分の1の飛行場。市民生活に重大な被害を及ぼしています。
 市域全域を訓練場として行われている「旋回飛行訓練」、が「離発着訓練(タッチアンドゴー)」が早朝から深夜にかけて時間い関係なく行われており、★航空機騒音発生回数は、年間2万回にも及びしかも、100デシベル以上の騒音が年間177回(2日に一回以上)も発生し、沖縄国際大学への墜落などの危険にさらされています。騒音や墜落の危険性のほかにも、★米軍基地からは雨水流出、汚水の流出、油の流出などの環境被害、★電波受信障害では、米軍機が自宅上空を飛ぶたびに地デジ受信障害が発生するという苦情 ★米軍機からの排気ガスによる航空機独特の臭気が窓を閉めても住宅内に立ち込めるという被害・・・宜野湾市民は日常的にこのような被害にさらされているのです。

 市役所での担当課の方は、「この実態を広く知っていただきたい」と話しておられました。
 改めて、オスプレイ配備撤回を!普天間基地の全面撤去を!、安保条約の廃棄を!・・の思いを強くしてきました。

« 衆議院が解散! 歴史を開く総選挙へ・・夕方街頭宣伝 | トップページ | 盛岡市議会初の「議会報告会」開く »

視察・研修報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市域の3分の一が米軍施設・・宜野湾市視察:

« 衆議院が解散! 歴史を開く総選挙へ・・夕方街頭宣伝 | トップページ | 盛岡市議会初の「議会報告会」開く »