フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« うるま市視察報告②~うるま市の魅力を知る | トップページ | 市域の3分の一が米軍施設・・宜野湾市視察 »

2012年11月16日 (金)

衆議院が解散! 歴史を開く総選挙へ・・夕方街頭宣伝

 11月16日、衆議院が解散。12月4日公示、16日投票の総選挙が決まりました。野田首相は、自民・公明の談合で公約違反の消費税増税法強行したほか、原発再稼働、など国民の声を無視した暴走を続けて、国民の支持を失い、ついに追い込まれての解散です。
 解散を受けて、5時半から日本共産党岩手県委員会は街頭演説を行い、いよいよ選挙戦への決意を訴えました。
 
(写真下は、左から庄子、八幡しの候補、斉藤信県議)Dsc_00721
 今度の総選挙は、まさに歴史的です。街頭演説の帰りにラジオで聞いた解散後の野田首相の記者会見。「政治を後戻りするのか、前に進むのか・・」などと開き直りましたが、「3年前に国民が選択した自公政治NO!の審判を裏切って完全に自民党化した、あんたに言われたくない。」という思いをしました。
 「2大政党」は完全に破たんしました。選挙目当てに「第3極」といっても、その中心にいる一人は、「太陽」は「太陽」でも「たそがれ」「日没」寸前ではないですか。
 これまで、自民党や民主党にいた人が、選挙前にこのままでは選挙に勝てない・・と「新党」を作った人たちが、果たしてどうなったか・・国民は知っています。

 今こそ政党の値打ちが問われます。90年の歴史を持ち、政党助成金も企業団体献金も受けず自立し、「消費税に頼らない道がある」「即時原発ゼロを」・・・と改革のビジョンを示し、行動する党・・・・この値打ちを訴えて走りぬく30日になります。

« うるま市視察報告②~うるま市の魅力を知る | トップページ | 市域の3分の一が米軍施設・・宜野湾市視察 »

国政の革新めざして」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 衆議院が解散! 歴史を開く総選挙へ・・夕方街頭宣伝:

« うるま市視察報告②~うるま市の魅力を知る | トップページ | 市域の3分の一が米軍施設・・宜野湾市視察 »