フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« ともに歌おう「鎮魂の歌」・・釜石唐丹町 盛願寺で | トップページ | 最初から守る気がないのか?給食の「衛生管理基準」・・「努力義務」と開き直り  3月議会報告④の2 »

2013年3月18日 (月)

都南給食センター「調理からおおむね2時間以内の喫食」と、ごまかしの答弁!~3月議会報告~その4~

 代表質問では、盛岡市がこれまで単独校方式で行ってきた、旧盛岡市内(都南地区、玉山地区を除く)小学校の学校給食を、センター化し、民間委託しようという計画を市教委が打ち出していることについて、取り上げました。

「2時間以内の喫食は困難ではないか」
 センター方式の問題点の一つとして、「調理から2時間以内の喫食」が困難になるのではないかと指摘しました。
 「調理から2時間以内の給食」は、文部科学省の「学校給食衛生管理基準」で示されているものです。それは、時間とともに温度が低下し、細菌の繁殖が進むことを避けるための基準なのです。

 このことから実際はどうかと、都南
給食センターから配食している学校の実態を質問したのでした。

「おおむね2時間以内」とごまかしの答弁
 これに対して教育委員長は、「都南学校給食センターから配送された学校においては、おおむね2時間以内の喫食となっております・・」と答えたのです。

 しかし、教育委員会から事前にいただいていた資料では、都南センターから出発してから給食までの時間を勘案すると、ほとんどの学校で調理から2時間以内の喫食ができていないことは明らかだったのです。

実際には、3時間超
 18日の予算審査特別委員会で、鈴木礼子議員が、都南給食センターの作業工程をただしたのに対して、工藤所長は「主菜の調理完成は9時20分頃、副菜は9時40分頃」と答えたのです。そうであれば、「おおむね2時間以内の喫食」どころか、すべての学校で2時半から3時間前後経過していることが明らかになったのです。
 本会議での答弁は、まさにごまかしの答弁だったのです。「センター化」への懸念の声に対して真摯にそれに答えるのではなく、うそとごまかしでこれに答えるという、およそ信じられない、長い議員生活の中でもきわめてまれなことと言わざるを得ません。遺憾なことです。

 教育委員長には申し訳ないことではありますが、後日の本会議で訂正と釈明をしていただくことになりました。

« ともに歌おう「鎮魂の歌」・・釜石唐丹町 盛願寺で | トップページ | 最初から守る気がないのか?給食の「衛生管理基準」・・「努力義務」と開き直り  3月議会報告④の2 »

議会の報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ともに歌おう「鎮魂の歌」・・釜石唐丹町 盛願寺で | トップページ | 最初から守る気がないのか?給食の「衛生管理基準」・・「努力義務」と開き直り  3月議会報告④の2 »