フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 盛岡市が「国保一部負担金減免要綱」策定 | トップページ | アベノミクスは国民にとっては「安倍のリスク」、憲法改悪許すな »

2013年5月 7日 (火)

盛岡市で体罰の調査結果報告 9校で16件

 5月7日、盛岡市教育員会から「体罰実態調査の結果について」の報告がありました。
 この調査は、文部科学省から平成24年度中に発生した体罰事案に係る調査の依頼を受け、公立学校の児童生徒、保護者及び教職員を対象として実施されたものです。
 盛岡市立小学校46校、中学校25校、盛岡市立高等学校1校の計72校を対象に各学校から報告を求めた結果、合わせて9校で16件の体罰の
報告があったということです。・・・詳しくは 「体罰実態調査の結果について」(PDF)

 該当校では事実確認後、本人・保護者に深くお詫びするとともに、二度と体罰を繰り返さないことを誓っている。当該教員も指導の在り方を見直し、体罰に依らない指導により、指導している児童生徒との関係は良好に保たれている、ということですが、往々にしてこの種のことについては隠されがちな事例です。
 
岩手県が最初の報告では全国で唯一「ゼロ」ということでしたが、一転して「県全体で64件」との報告が5月1日に記者発表されていました。この報告のほかに隠されたものがなければいいのだが・・・率直な感想です。
 また、中学校における「部活動中」の「体罰」が9件と中学校における「体罰」の75%を占めていることも気になります。「指導」の名によるそれは「体罰」というものではなく「暴力行為」と呼ぶべきものではないかと思うのです。

« 盛岡市が「国保一部負担金減免要綱」策定 | トップページ | アベノミクスは国民にとっては「安倍のリスク」、憲法改悪許すな »

市議会議員として」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 盛岡市で体罰の調査結果報告 9校で16件:

« 盛岡市が「国保一部負担金減免要綱」策定 | トップページ | アベノミクスは国民にとっては「安倍のリスク」、憲法改悪許すな »