フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 6月議会報告③・・平川食品の破産申し立て~従業員の雇用支援、未回収債権の回収見通しは? | トップページ | 設計労務単価による労務費増額が、現場労働者の賃金に反映される対応を!~6月議会報告⑤ »

2013年6月25日 (火)

工事単価の見直し・・・補助事業へも物価スライドに準じた配慮を ~6月議会報告④

 盛岡市が行っている公共工事では、資材単価の高騰とともに、国の設計労務単価の引き上げなどによって工事設計額が引きあがり、盛岡市においても入札不調が相ついでいるほか、単価見直しによる契約変更や、インフレスライド条項を適用した契約変更が相次いでいます。

 このことについて庄子議員は、市が直接行う公共工事だけでなく、自治公民館整備補助、市立保育園の移管先法人が行う保育所の整備についても、昨年の単価見積もりなどの基準によって補助が決まっており、その後の単価増に見合った、いわばインフレスライド条項に準じた対応が必要ではないかとただしました。

 細川市民部長は、自治公民館整備補助については、現在10件の申請があるが、補助決定した工事費によって申請がされている。今後は実態を調査した上で,さらなる対応の必要性があるかどうか検討する、と答えました。

 市立保育園の移管法人が行う施設整備に関する対応について、熊谷保健福祉部長は、「補助金は,国の補助基準額の上限額を補助することとしていることから「インフレスライド条項」を準用して,補助金の上乗せをすることは難しい」「今後,物価が著しく変動し,整備に支障が生じる恐れがある場合は,補助基準額の見直しについて,国に対し要望することも考えてまいりたい」などと答えました。

« 6月議会報告③・・平川食品の破産申し立て~従業員の雇用支援、未回収債権の回収見通しは? | トップページ | 設計労務単価による労務費増額が、現場労働者の賃金に反映される対応を!~6月議会報告⑤ »

議会の報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 6月議会報告③・・平川食品の破産申し立て~従業員の雇用支援、未回収債権の回収見通しは? | トップページ | 設計労務単価による労務費増額が、現場労働者の賃金に反映される対応を!~6月議会報告⑤ »