フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 6月議会の論戦始まる ① | トップページ | 6月議会報告③・・平川食品の破産申し立て~従業員の雇用支援、未回収債権の回収見通しは? »

2013年6月19日 (水)

6月議会の報告②・・・アベノミクス、歴史認識について質す

 一般質問では、最初に市長の政治姿勢に関して、アベノミクスと歴史認識について市長の認識を質しました。
Img_21711 
アベノミクスで儲かった市民はいない

 周りの市民の中には「アベノミクスで儲かった」という人はいません。それどころは「年金が下がり、物価が上がって困っているというほうが圧倒的です。アベノミクスの「異次元の金融緩和」がもたらしたものは、海外のヘッジファンドなどにマネーゲームの舞台を提供した結果の投機的な株の売買による、乱高下を生み出しているのです。
 市長はこの現象について、私の質問に対して「このような状態は日本の企業経営の安定化につながらない。株価安定の施策が必要だ」などと答えました。


「海外輸出で農家所得増?」・・・TPP参加をごまかすものだ

 「成長戦略」として、阿部内閣が一方でTPP参加を進めながら、「強い農業」「農産物の海外輸出」などを打ち出していることについて、「日本の食料自給率を39%から10%台に下げるTPP参加、公約違反のTPP参加をするためのもので本末転倒ではないか。TPPは全体に参加すべきでない、と市長の見解をただしました。

 市長は、「農業をはじめ広範な分野で国民生活に直接的な影響を与える。産業基盤の弱い地方や震災復興に大きな影響を及ぼす。国の慎重な対応が必要だ」と答えました。

橋下「従軍慰安婦」発言、河野談話、村山談話への認識は

 橋下大阪市長・維新の会共同代表の「従軍慰安婦」発言について、「女性だけでなく男性も含めて人権を踏みにじるものであり、国連からこうしたことが繰り返されない対応を日本政府に求める決議も出されている。もとはといえば阿部首相の『強制性はなかった』発言や、日本の侵略戦争と認めない歴史認識がある」と指摘して、市長の見解をただしました。
 市長は「橋下発言について政府は『その認識にはくみしない』としており、私も同様の考えだ」「河野談話、村山談話については、政府は我が国がかつて多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に多大の被害と苦痛を与えたというこれまでの歴代内閣の立場を引き継ぐとしている。私も我が国がこの立場を継承し、悲惨な戦争の教訓を風化させず、二度と戦火を交えることのないよう世界の平和と繁栄に貢献しなければならないと考えている」と答えました。

« 6月議会の論戦始まる ① | トップページ | 6月議会報告③・・平川食品の破産申し立て~従業員の雇用支援、未回収債権の回収見通しは? »

議会の報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月議会の報告②・・・アベノミクス、歴史認識について質す:

« 6月議会の論戦始まる ① | トップページ | 6月議会報告③・・平川食品の破産申し立て~従業員の雇用支援、未回収債権の回収見通しは? »