フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« これまでに経験のない大雨~盛岡にも大きな被害③・・・繋温泉が甚大な被害 | トップページ | 戦後の日本と世界の原点を揺るがすな! »

2013年8月16日 (金)

8月臨時議会開く・・・臨時交付金約9億9千万円、豪雨対策についても質疑

 8月12日、盛岡市議会8月臨時議会が開かれました。議題は、一般会計補正予算と大宮中学校の耐震補強工事請負契約についての2件でした。

地域元気臨時交付金約9億9千万円を予算化、町内会街灯LEDへも

した。臨時議会に提案された補正予算案は、国の平成24年度補正予算の「地域元気臨時交付金」、盛岡市への交付決定額13億1千万円のうち約9億8800万円を具体化したほか、基金の取り崩し約1000万円、合わせて9億9千8百万円。その中で、共産党市議団も提案・要望していた、町内会の街灯LED化の追加788万円が予算化されました。      「補正予算の概要」(PDF)はこちら

 8月9日の豪雨災害へ対策を質疑・・被災者への支援に前向き答弁

 この臨時議会本会議の議案質疑において、直前に発生した8月9日豪雨被害への対応について質疑しました。
 庄子は、①緊急の災害復旧対策として災害廃棄物の処理対策 ②被災者に対する公的支援 ③都南地区の雨水排水対策の検証と対策 などを提起しました。
 被災者の生活再建に対する市の支援については、「(土砂崩れで住宅全壊もあり、公的な支援が必要ではないかと、全員協議会で指摘~8月12日午前~に関連して) 国の生活再建支援法の適用の有無にかかわらず、公的な支援が必要ではないか。市のこれまでの制度の枠では不十分だ。前向きに検討を」と市長に質問。

 谷藤市長は、「災害救助法対象に入らないところも出てくるわけだが、被災された方にとっては大変なことである。県もそのエリアに入らなかった地域においても被災者の立場にとって市町村と連携をとって対応を考えていきたいと、知事も記者会見で表明している。市も県と連携して被災者に寄り添った形で、どういうことが被災者の実態に沿うのか詰めてまいりたい」と答えました。
  
 「議案質疑の概要」(PDF)はこちら

« これまでに経験のない大雨~盛岡にも大きな被害③・・・繋温泉が甚大な被害 | トップページ | 戦後の日本と世界の原点を揺るがすな! »

議会の報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« これまでに経験のない大雨~盛岡にも大きな被害③・・・繋温泉が甚大な被害 | トップページ | 戦後の日本と世界の原点を揺るがすな! »