フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 心して核廃絶、憲法9条を守る戦いへの決意 | トップページ | これまでに経験のない大雨~盛岡でも大きな被害② »

2013年8月10日 (土)

これまでに経験のない大雨~盛岡でも大きな被害①

 8月9日の雨は文字通り「これまでに経験のない大雨」で、盛岡市内にも大きな被害をもたらしました。
 9日朝6時ころポツポツと降り始めた盛岡の雨も7時過ぎには揚げしい雷雨となり、「これは」と思っていた矢先に三本柳地区から「水路があふれて家に入りそう」との第一報を受けて現場に直行し、消防に土嚢を要請。それを皮切りに、三本柳、永井21地割、鴨助堰、東見前、手代森、乙部各地域を回り、被害の現状を確認するとともに、その都度市に現状を連絡し、土嚢の要請、市道の通行止めなど、被害対策に取り組みました。

 朝の4時半からの日刊紙配達に続く大雨対策に取り組み、小康状態となった夜7時まで、自分自身が直接確認した被害は、「土砂崩れによる家屋倒壊」1棟、土砂崩れによる市道の寸断1か所、水路、小河川はんらん等による床上浸水1軒、床下浸水5軒などでした。
 今回の被害は、これまでに経験のしたことのない大雨による、経験のない被害となりました。

(写真下)水路はんらんで、近所の5軒が床下浸水をした、三本柳地区Dsc_0266 

(写真下)裏の小水路があふれ、作業小屋に浸水。(永井21地割)
P10103521_2
(写真下)道路冠水で、市に要請し通行止めとなった市道。(東見前)P10103981
(写真下)水路があふれ、県道からも雨水流入で団地内が冠水し床下浸水被害が複数発生(東見前)P10103971
(写真下)水路があふれて作業小屋から母屋まで床上浸水(東見前)Dsc_0271
(写真下)土砂崩れで市道が寸断(手代森地区)P10103991_2
(写真下)裏山が崩落し、押しつぶされた住宅(乙部10地割)・・・幸いにも家屋内にいた5人の家族は救出されました。P10104131(写真下)崩落した裏山の様子
P10104221

« 心して核廃絶、憲法9条を守る戦いへの決意 | トップページ | これまでに経験のない大雨~盛岡でも大きな被害② »

駆けある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これまでに経験のない大雨~盛岡でも大きな被害①:

« 心して核廃絶、憲法9条を守る戦いへの決意 | トップページ | これまでに経験のない大雨~盛岡でも大きな被害② »