フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 9月議会報告②・・・松川を「水位監視河川に!」 庄子の提案で市が県に要望 | トップページ | 9月議会報告④~「元気交付金」活用による振替財源活用し保育園へのエアコン設置など »

2013年9月25日 (水)

9月議会報告③~8・9豪雨被害被災者支援で予算補正

 9月定例会には、一般会計の補正予算(第6号)が追加提案されました。総額9億9,9688千円は、8月9日の豪雨被害の復旧費と被災者支援の予算です。

 この中で、共産党市議団も提案・要望していた、つなぎ温泉への支援、被災者支援へ県・市の独自支援策が盛り込まれました。

 被災者への支援策としては

①住宅の応急修理・・・半壊、大規模半壊の世帯に対して、1世帯当たり52万円を限度に市が行う(対象4世帯・・事業費 2,080千円)~
市の単独事業

②住宅内の障害物除去・・・半壊および床上浸水の世帯に対して、1世帯当たり133,900円を限度に市が行う(対象世帯 1世帯 事業費 134千円~市の単独事業

③被災者生活支援金支給・・・・国の被災者生活再建支援制度に準じた制度に加え、対象者を拡大して被災者へ生活再建支援金を支給する
 全壊・・最大300万円  大規模半壊・・最大250万円 半壊・・20万円 床上浸水・・5万円
 対象世帯 25世帯   事業費 23,275千円 ~
県補助金

④住宅内の応急修理助成・・・・半壊および、大規模半壊の世帯に対して住宅の応急修理のため、1世帯当たり52万円を限度に助成をする。対象世帯3世帯 事業費 1,560千円~市の単独事業

 つなぎ温泉への支援策「特定被災地復旧緊急支援事業」

①「源泉供給業」への支援・・・修繕費1千万円以上へ、補助率1/2 限度額5,000万円
②「宿泊業」・・・修繕費1千万円以上に対して、補助率1/2 限度額2,000万円

   以上 県・市が1/2負担

③「宿泊業」およびその他、つなぎ地区で営業している中小企業者で、修繕費1千万円未満に対して、事業費の1/4  の補助

  以上、市の単独事業

④利子補給・・・年利1.7%以内 融資期間 3年 借入対象額 3千万円以内

⑤保証料補給・・・借入対象額1000万円超に対して保証料の全額補給

 

などが計上されました。

その他、農地災害復旧や、市単独事業による土木災害復旧費、設計費などが計上されました。

« 9月議会報告②・・・松川を「水位監視河川に!」 庄子の提案で市が県に要望 | トップページ | 9月議会報告④~「元気交付金」活用による振替財源活用し保育園へのエアコン設置など »

議会の報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月議会報告③~8・9豪雨被害被災者支援で予算補正:

« 9月議会報告②・・・松川を「水位監視河川に!」 庄子の提案で市が県に要望 | トップページ | 9月議会報告④~「元気交付金」活用による振替財源活用し保育園へのエアコン設置など »