フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 入札不調は深刻です | トップページ | 市民意見交換会の開催、政策提言・・・・高山市議会 »

2014年1月23日 (木)

タブレット導入で紙使用量年間10万枚削減・・・飯能市議会

 1月22日、議会運営委員会で、埼玉県飯能市議会を視察しました。
 飯能市議会は、平成24年度から、タブレット端末を議会に導入しています。そのきっかけは、議会改革の議論の中で、市の「ISO14001に適合した環境マネジメント」に議会としても取り組む必要がある、とのことからそのメニューとして、①電気使用量の削減、②ごみ排出量の削減、③紙使用量の削減を掲げ、紙使用量削減へ「ペーパーレス」化を図ろうと、全議員にタブレット端末を貸与し、会議の資料、各種連絡などのペーパーレス化を図ったということです。

 全員協議会などに活用、議会内の情報伝達など

 タブレット導入による、情報通信技術(ITC)活用による議会改革の効果として、次の5点が紹介されました。

(1)全員協議会のペーパレス化(LAN)・・・ 会議では、全員協議会に導入しているということです。将来的には議案審議にも活用を展望しているということですが、予算書などについては、現時点で紙のほうが審議しやすいという面もあるということです。

(2)議会内部の情報伝達(メール)・・・議員への情報伝達は、すべてメールによって行うことになり、FAXを全議員に送信するための時間が、大幅に削減され、事務局のこの面での負担を軽減することができたとのことです。

(3)危機管理上の緊急連絡(メール)・・・災害時の安否確認や、災害時の緊急通信にも活用するということです。

(4)政務調査活動(インターネット)・・・タブレットを活用して先進事例の調査を行うことができる。

(5)各種資料の閲覧(LAN)・・・市議会事務局におかれたNASに市の各種計画などの既存の電子データーを保存し、議員がアクセスして各種資料が閲覧するころができることになり、議員の調査活動にも効果があるということです。

10万枚の紙を削減、初期投資は2年間でペイ
 

 平成24年度から導入し、もうすぐ2年間が経過しますが、その効果としては、
(1)議会費用の削減効果として(平成24年度決算) 
タブレット費用合計・・34,611,490円(・初期設備 2,049,748円 ・・LAN、WI   
FIネットワーク、周辺機器等・維持管理費用 1,411,392円・・通信料、セキュリティソフト費用など。
 
議会費の削減額 228万円(会議録印刷製本費、会議資料代 など)
 
差引 86万円の削減効果があったということです。そのほか、FAX送信にかかる時間の節約効果の換算で30万円となるということです。
 あわせて、2年間で初期投資額はペイできる、ということです。

(2)紙の使用量は、全員協議会資料 2万4千枚、本会議会議録冊子分 74,400枚、合計で約10万枚の削減となった、ということでした。

 こうした効果とともに、議員の調査活動にも効果があり、議会活動の活性化も期待されると感じてきました。

 
 

 
 

« 入札不調は深刻です | トップページ | 市民意見交換会の開催、政策提言・・・・高山市議会 »

視察・研修報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タブレット導入で紙使用量年間10万枚削減・・・飯能市議会:

« 入札不調は深刻です | トップページ | 市民意見交換会の開催、政策提言・・・・高山市議会 »