フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 3月議会の報告②~農地・農業施設災害復旧で、市単独補助かさ上げへ | トップページ | 3月議会報告④~入札不調による工事遅れ深刻、対策の提案受け入れへ »

2014年3月 6日 (木)

3月議会の報告③~待機児童解消、子供の医療費助成事業

 代表質問では「子育て支援」について質問。

待機児童・・310人、「空き待ち児童」670人

 盛岡市の保育所の「待機児童」は、昨年4月1日現在で50人だった今年の1月1日現在で310人となり、空き待ち児童含めて670人保育所の待機児童は対策は盛岡でも深刻です。
 待機児童解消に対する対策と見通しについての質問にたいして、市長は「『幼稚園での長時間預り保育の実施』により40人,『保育所定員拡大』により 191人を見込んでおります。
また,『入所円滑化による定員の弾力化』については,各保育所につきまして,例年並にご協力をお願いしたい」と答えました。

 この回答では、待機児童解消にはとてもつながらないものです。新年度スタート時の「待機児童」(狭義)は、2011年度(23年度)で46人、2012年度(24年度)で48人、2013年度(25年度)50人と年々増加傾向にあります。年度当初から待機児童を作らない対策が緊急に求められています。この問題については、3月7日の本会議議案質疑で鈴木礼子議員が引き続き取り上げる予定です。

子どもの医療費~小学生の入院まで拡大は前進だが、通院費への拡大、現物給付化は?

 子どもの医療費について、対象を小学生の入院費まで拡大する予算を提案したことについて一歩前進だと評価しつつ、「通院費」への拡大、支給方法を「償還払い」から「現物給付」へ変更の見通しについて質問しました。
 市長からは、「(通院費への拡大について)現段階では大変無難しい」が、「質問の趣旨を十分に受け止めながら、給付内容の拡大につきましては引き続き検討してまいります」と答えました。
   また、支給方法の「現物給付」への変更については、ペナルティとして国保への国庫負担金が削減されることなどから県内自治体の足並みがそろわず、難しい、などと答えました。
 盛岡市だけでなく、全県的な運動が必要となっています。

« 3月議会の報告②~農地・農業施設災害復旧で、市単独補助かさ上げへ | トップページ | 3月議会報告④~入札不調による工事遅れ深刻、対策の提案受け入れへ »

議会の報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月議会の報告③~待機児童解消、子供の医療費助成事業:

« 3月議会の報告②~農地・農業施設災害復旧で、市単独補助かさ上げへ | トップページ | 3月議会報告④~入札不調による工事遅れ深刻、対策の提案受け入れへ »