フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 3月議会で代表質問に立ちました  その1 安倍政権の「戦争する国へ」の道は許されない! | トップページ | 3月議会の報告②~農地・農業施設災害復旧で、市単独補助かさ上げへ »

2014年3月 4日 (火)

都南9条の会が「春を呼ぶつどい」

 3月1日午後、「平和憲法・9条を守る都南の会」(都南9条の会)が、恒例となった「春を呼ぶ平和のつどい」を開催し、60人が参加しました。
 安倍首相の、憲法解釈による「集団的自衛権行使」容認への動きが増すなかで、改めて平和への思いを強くする集いでした。

田口代表が基調講演

 つどいでは、最初に田口宗一代表世話人が基調講演を行いました。
P10206922

 田口氏は、安倍内閣がすすめる数の暴力による集団的自衛権容認への解釈改憲が、そもそも憲法違反だと告発。戦争の恐ろしさについて「731部隊元少年隊員の告白」(篠塚良雄著)を紹介しました。そして、ドイツの作家ケストナーの言葉を引いて、「悪の大きな力が存在することを覚悟」し、「勇気とかしこさを」持つことが必要だと訴え、9条会の運動を広めようと呼びかけました。

絵本が訴える「平和への思い」

 第一部として、絵本「さがしています」(広島の原爆によって持ち主を失った、手袋、ヤカン、弁当箱・・・などの道具が、自らも傷つきながら突然消えた持ち主を探すお話~アーサー・ビナード著)、「さくら」(公園の桜の目から見た戦争中の人々の動きと戦後の人々のお話~田畑精一著)、「へいわってどんなこと」(武器もなく、おいしいものが食べられる平凡な日常を送ることができることだと語る、浜田桂子著)を朗読をしました。
 静かに「平和」を考えさせ、訴えかける素晴らしい絵本の朗読でした。

 平和のうたごえに感動

 第2部では、善隣館(NPO~前身「キリスト教センター善隣館」)音楽グループ「グッドネイパーズ」メンバーとして多彩な演奏活動をしている、佐々木章さんのギター弾き語りの演奏がありました。
P10207001
 佐々木さんは、済んだ声を響かせ、「戦争を知らない子どもたち」「空より高く」「友だちはいいもんだ」「アメニモマケズ」「釜石小学校校歌」を熱唱。とてもすばらしい演奏でした。引き続き、都南うたう会のメンバーの皆さんと会場全体で「ふるさとは今も変わらず」「どこかで春が」「花は咲く」を合唱しました。

 最後に、参加者全員で日本国憲法前文と第9条を朗読して会を閉じました。

« 3月議会で代表質問に立ちました  その1 安倍政権の「戦争する国へ」の道は許されない! | トップページ | 3月議会の報告②~農地・農業施設災害復旧で、市単独補助かさ上げへ »

駆けある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都南9条の会が「春を呼ぶつどい」:

« 3月議会で代表質問に立ちました  その1 安倍政権の「戦争する国へ」の道は許されない! | トップページ | 3月議会の報告②~農地・農業施設災害復旧で、市単独補助かさ上げへ »